« メール高速返信モード | トップページ | お料理ブログ20240512 »

2024年5月11日 (土)

もしも200万円を自由に使えたら

もしも200万円ぐらい好きに使える金があったとした時に、それはもちろん音楽に使うのだけれど、何に使うのだろうかと考えてみた。

キーボードやシンセサイザーのような鍵盤タイプの電子音楽機器を買う、というのは選択肢としては真っ先に消えた。そういった世界に全く興味がない訳ではないが、まだまだ生楽器としての「ピアノ」でやりたいことが多すぎる。その使い道はおそらく、無い。

ピアノであるが、我が家のピアノは中古で購入したものであるので、それを買い替えて新品にするのもアリなのかな?とふと思った。

今現在の我が家のピアノについてほとんど不満はないのだが、古いピアノゆえに調律が頻繁に必要になる。先月末に調律を入れたのに、今は少々狂ってきている。まあ毎日弾いているから仕方がないと言えば仕方がないのだが、新品のピアノだと狂い方がもっと緩やかなことを知っている。

だが待てよ?と思った。今現在は新品のグランドピアノを買おうと思ったら安くとも200万円はするのだ。それを買うぐらいなら2ヶ月に一度ぐらいのペースで調律を入れたとして年間10万円。それを20年続けて200万円とした方が良いのではないか?と思ったのだ。

現在自宅で使っているピアノには非常に愛着がある。苦楽を共にしてきた戦友だ。少々くたびれて来てはいるが、それでも調子の良い時にはとても美しい音を奏でてくれる。これを手放すという選択肢は、やはり考えづらい。

ということで私はもしも200万円を手にしたとしても新しいピアノは買わない。2ヶ月に一度、調律を入れる。

なんだ普段とおんなじじゃねえか。


今日の演奏動画。

Jack DeJohnetteの作曲した『Lydia』をソロピアノで弾いてみました。リードシート(譜面)も添えてあります。

|

« メール高速返信モード | トップページ | お料理ブログ20240512 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« メール高速返信モード | トップページ | お料理ブログ20240512 »