« 勝手に忙しくする | トップページ | 基礎練習会からセッションへ »

2024年4月16日 (火)

「自分がされてイヤなことは他人にはしない」について

「自分がされてイヤなことは他人にはしない」というのは根本的に間違っていると思う。

自分がされてイヤじゃないことも他人からしたらイヤかも知れないし、自分がされてイヤなことは他人からしたらイヤじゃないかも知れない。

だから「目の前の人がされてイヤなことはしない(あるいは「言われたらイヤなことは言わない」)」というのが正しいのだと思う。

私などは「されたらイヤなこと」と「されても何とも思わないこと」の基準が他人とだいぶズレているという自覚はあるから、このあたりは本当に気を付けないといけない。私がされても何とも思わないことを他人はすごくイヤだと思う可能性が十分にある。自分を基準に考えるのはすごく危険だ。

とは言え、他人のことほどわからないことはない。私は「他人のことはわからない、絶対に」という強い確信を持って生きているので、他人のことを「わかる」などとは口が裂けても言えない。他人の気持ちは私にはわからない。そもそも自分のことすらよくわかってないのに。

だが、そういう「自分と他人は分かり合えない」という大前提があった時に、「自分がされてイヤなことは他人にはしない」というのは妥協案としては悪くないのではないかな、と最近ではおもうことがある。

そう思ったのはそれとは逆の「他人にされて嬉しかったことはなるべく他人にも返していこう」ということを思ったからだ。

ちょっと前に「ふえー、この人超かっけー」という振る舞いに出くわしたことがある。その振る舞いを見て「あ、おれも似たような状況になったらこの人みたいに振る舞いたい」と思ったのだ。

それを他人が良しと思うかどうかはわからない。けれど自分が「マジかっけー」と思った振る舞いは、自分でも出来るようになりたい。

だからそれと同様に、他人がどう思うかはわからないという前提の上で「自分がされてイヤだったことは他人にはしない」もそこそこの妥協案としてはアリなんじゃないかなと思った。

他人のことはわからんけども。

「わからん」のと「尊重しない」のは全く違う。

わからなくても、というかわからないからこそ尊重できるはずなのだ。

ふと思ったことでした。

そうそう、今日は空き時間にライブのフライヤーをいくつか作ってました。ちょっと先のやつも多いのだけれど。

ライブに来てね!

20240601_page0001

20240601hinorin_page0001

20240715kanabit_page0001

20240803tftrio_page0001

今日の演奏動画。

Hoagy Carmichaelの作曲した『Riverboat Shuffle』をソロピアノで弾いてみました。リードシート(譜面)も添えてあります。

|

« 勝手に忙しくする | トップページ | 基礎練習会からセッションへ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 勝手に忙しくする | トップページ | 基礎練習会からセッションへ »