« 音楽で「やる」よりも「聴く」が先んじるように | トップページ | 広島東洋高校初戦勝利 »

2023年10月13日 (金)

認めたくないものだな、自分自身の若さゆえの過ちというものを

昨夜の鶏ササミ。

Pxl_20231012_133802287

みじん切りにしたニンニクをフライパンでちょっと多めのオリーブオイルと共に熱して、少し焦げ目が付いてきたらササミを投入。炒めつつ塩コショウで味付けをして、最後にバジルを上からたくさんかける。

もはやこんなもんイタリアンである。ボーノである。グラッチェである。

美味いに決まっているのだが、案の定美味かった。ニンニクを刻む面倒くささが多少あるものの、ここまで試したレシピの中では一番かもしれない。

さて、このブログであるが、老眼鏡をかけながら書いている。

非常に悔しいのだが、めちゃくちゃよく見える。

先日、嫁氏が百均ショップのダイソーで安っぽい老眼鏡を買ってきてくれた。「老眼なんでしょ?」と言われて。

そんなもん必要あるかい、こちとらまだまだ若いんじゃい、小さい字は確かに最近見えづらいけれど少し離して見れば見えるしおれはまだ老眼などではない!

そう思っていて老眼鏡をかけるのを躊躇していたのだが。

かけてみたら何だこれは。めちゃくちゃ見えるじゃないか。

特に本やスマホの見え具合がすごい。小さい字が難なく読める。

悔しいけれどこれから本を読むときなどは老眼鏡のお世話になる。間違いなくなる。

「認めたくないものだな、自分自身の若さゆえの過ちというものを」というシャアの名言があるが、私は老眼を認めていく。

I am row gun.

今日の演奏動画。

Sigmund Rombergの作曲した『Lover, Come Back To Me』をピアノとベースの「一人合奏」で弾いてみました。

|

« 音楽で「やる」よりも「聴く」が先んじるように | トップページ | 広島東洋高校初戦勝利 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 音楽で「やる」よりも「聴く」が先んじるように | トップページ | 広島東洋高校初戦勝利 »