« 広島東洋高校初戦勝利 | トップページ | クライマックスシリーズ1stステージ突破! »

2023年10月15日 (日)

Ah , but I was so much older then , I’m younger than that now.

昨日は柔道の稽古のあとにいつものように飲み会に参加をしたが、一杯目の乾杯はノンアルコールビールで、それ以降はお茶でとノンアルを貫徹できた。出来るもんだな、やれば。ちょっと飲みたかったけど。

その席で道場の仲間の木村先生が「来週福島さんが出場する大会の出場選手の名前をググってみたけど、そこまで有力選手はいないっぽい。福島さんイケるかも」と言ってくれたので「へーそうなんだ」と思った。以前に自分でも調べてみようかなと思ったことがあったのだけれど、調べて強そうだったら「マジかよ…」と怖くなるのでやめておいたということがあったのだ。

昨夜はそのまま家に帰って、もう一本だけノンアルコールビールを飲んで布団に入った。

妙に寝付けなかったのだが、その時に数時間前に木村先生が教えてくれた情報が気になってついつい枕元のスマホを使って来週の出場大会の選手たちの氏名を自分でもググってしまった。

ほうほう、色んな大会でみんな活躍してるんだな、なかなか強いじゃないか、まー木村先生はアホほど強いからこんぐらいだとビビんないだろうけど、おれぐらい弱いと十分ビビるわと思いながらググりまくっていたのだが。

途中で気付いたことがあった。

どれも試合の日付がめちゃくちゃ最近だったのだ。

私が調べていた選手たちの出場した大会、例えば中学生の大会なのに日付が平成30年になっている。平成30年ってつい最近じゃないか。

そこで気付いた。

え?平成30年に中学三年生ってことは、今は二十歳ぐらい?

高校生の大会なのに令和四年とか。

じゃあ今も高校生じゃねーか!

調べるんじゃなかったとその辺りから後悔し始めたのだが、出場選手はみんな18歳〜22歳ぐらいの年代だった。ちょっと待て。

こちとら昭和54年生まれだぞ。大学入ったのが1998年、大学柔道終わって柔道に一旦区切りをつけたのがちょうど2000年。キミらまだ生まれてすらいねーだろ。

ルール上仕方がないのはわかる。年齢も体重も無差別でただ「弐段である」という一点のみで組み合わせられる大会なのだ。

今回の大会では43歳の私がおそらく最年長なんだろうなーとは思っていたが、おそらくどころじゃなかった、ダブルスコア以上で最年長だった。

仕方がない。ここまで生きて来たのだから。

もしも私以外の出場選手がこうやって出場選手の名前をググったら、私の場合はピアニストとしてのページばかりが出現するので「ん?これは違う人か?」となるのかなとも思った。違くないよ、合ってるよ、43歳のピアニストが柔道やってるんだよ。

私の頭の中にBob Dylanの『My Back Pages』の歌詞が浮かんだ。

Ah , but I was so much older then ,
I'm younger than that now.

ああ、あの時私は今よりもずっと老けていて
今はあの時よりもずっと若い

色々ありながらも今も柔道が出来ていることに感謝。

技術も体力も遥かに優れた若者たちに挑む私の柔道に対する愛情は彼らに負けないぐらいに深い。

今日の演奏動画。

John Coltraneの作曲した『Lazy Bird』をピアノとベースの「一人合奏」で弾いてみました。

|

« 広島東洋高校初戦勝利 | トップページ | クライマックスシリーズ1stステージ突破! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 広島東洋高校初戦勝利 | トップページ | クライマックスシリーズ1stステージ突破! »