« 自転車問題の終焉 | トップページ | 【君たちはどう生きるか】を観てきた(ネタバレは無し) »

2023年7月21日 (金)

金曜ロードショー【もののけ姫】について

映画【もののけ姫】はとても思い出深い映画の一つだ。

【風の谷のナウシカ】以降、宮崎駿監督は割とわかりやすい(そしてものすごく質の高い)冒険活劇やファンタジーを我々ファンに提示してくれた。

【天空の城ラピュタ】、【となりのトトロ】、【魔女の宅急便】、【紅の豚】等々。

我々ファンはそれら全ての作品に逐一熱狂しながら最大限の賛辞を送り続けてきた。

上に挙げきれなかった作品を含めて、全ての作品に強い思い入れがあり、そしてそれを作り上げてくれたスタッフ達に畏敬の念を持っている。本当に全部好きだ。


【もののけ姫】を初めて映画館で見た時、衝撃的だった。

宮崎駿の本気がこれか…と戦慄した。

骨太で重厚な物語。圧倒的なアニメーション。演じる役者達の迫力。

全てに度肝を抜かれた。

それは宮崎駿が【風の谷のナウシカ】以来封印してきたかもしれない圧倒的な「宮崎駿」だった。

なのでこれまでにも何回も見返している。

私が一番好きなキャラクターは「エボシ御前」だ。演じるのは我らの田中裕子。
清濁併せ呑む覚悟と矜持を持った強い女性である。演じているのは田中裕子だ。
「誰もが平等に平和に暮らせる場所を作る」という自らの理想と、それゆえに山を切り開き水を汚すことにもなるという弊害に思い悩みながらも強く美しく生きる女性だ。しつこいようだが演じているのは田中裕子である。

他にも魅力的なキャラクターは枚挙に暇がない。サンもアシタカもシシ神も乙事主もジコ坊もゴンザもみんな素敵だ。

間違いなく後世に語り継がれる、いや、語り継がれることを熱望する名作である。私の価値観の何%かはこの【もののけ姫】と【風の谷のナウシカ】で出来上がっている。それぐらい影響を受けた作品の一つだ。

今日はその【もののけ姫】がテレビで放映する。金曜ロードショーである。

非常に楽しみにしていて「是非見よう!」と思っていたのだが、今日は私は【もののけ姫】を見られない。その時間に予定を入れてしまったからだ。

【もののけ姫】よりも優先してしまったその予定とは、宮崎駿監督の最新作【君たちはどう生きるか】を映画館に見に行くことである。

早く見たくて仕方なかったのだが、やっと都合がつけられたのが今日だったのだ。

賛否両論の感想が聞こえてくるこの作品、私はものすごく期待している。果たして私にはどのように映るのだろうか。

ということで今日は愛する【もののけ姫】を見られないのだが、その愛の深さを演奏で表現してみた。

【もののけ姫】を愛する方には是非聴いて頂きたい。

今日の演奏動画。

映画【もののけ姫】より、久石譲の作曲した『アシタカせっ記』をソロピアノで弾いてみました。リードシート(譜面)も添えてあります。

|

« 自転車問題の終焉 | トップページ | 【君たちはどう生きるか】を観てきた(ネタバレは無し) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自転車問題の終焉 | トップページ | 【君たちはどう生きるか】を観てきた(ネタバレは無し) »