« にっくき四十肩 | トップページ | また怪我した »

2023年1月14日 (土)

「福島禁止」にならないために

Fmt8ogwacae4ucf_20230115125701

ほぼ毎日朝は柔道の稽古から始まる。家で1時間ほど筋トレをしてから近所の公園に行って冒頭に貼り付けた画像のように木に帯を巻いて打ち込みを500本。500本の内容は日によって少しずつ変わるけれど、基本的には「色んな背負い投げ」を50本×10セットやる。同じことの繰り返しをしているようで、毎日色々と新しい発見があって楽しい。

時間帯によっては近所の保育園の子供たちが保母さんに連れられて公園に遊びに来ている。これがなかなかに気まずい。

たまに子供たちが私の近くに寄ってきて「おじちゃん何してるの?」という目で見てくるのだが、保母さんがすぐに駆け寄ってきて「近寄っちゃダメ!」と子供を引き離す。大丈夫おじちゃんは柔道の稽古をしているだけですよと言いたいのだが、無闇に子供に話しかけて不審がられても困るので軽く会釈をするだけで黙々と打ち込みを続ける。

現時点では公園には「ボール遊び禁止」の張り紙はあるが、「柔道禁止」の張り紙はない。そもそもそんなことする奴がいないからなんだろうけれど。

だが、私があまりに不審であるとその内に「柔道禁止」の張り紙が貼られる可能性があるし、なんなら「福島禁止」の張り紙が貼られるかも知れない。なので出来うる限りの良識を持っての公園使用を心掛けている。

稽古後には公園でタバコを一本吸いながらプロテインを飲む。この時間がとても幸せな時間だ。「ほんの少しであるけれど、今日もしっかり積み重ねられた」という満足感と共に飲むプロテインは非常に美味い。

そして最後には持参してきている携帯灰皿で公園内の吸い殻などを拾って帰り、それ以外のゴミが落ちている場合にはビニール袋に拾って持ち帰る。これは「良いこと」をしているのではなく、あくまでも自分の保身のためだ。公園に「柔道禁止」もしくは「福島禁止」の張り紙が貼られないようにするために。

タバコの吸い殻なのだが、そこの公園には頻繁にキャメル(タバコの銘柄)の吸い殻が落ちている。捨てているのは多分同じ人間なのだろう。その公園で私はこれまでに何回もキャメルの吸い殻を拾った。

その吸い殻を拾いながら私は「キャメルを吸っているやつはバカ」と思う。そのような印象が私の中で出来上がるのだ。

こういう人間の印象というのはとても個人的なものなんだよなあとつくづく思う。実際にはキャメルを吸っている人間の中にもきちんと携帯灰皿を常備して吸い殻を決してポイ捨てしない良識的な人もたくさんいるはずだ。しかし、何度かキャメルの吸い殻を拾うたびに私の中では「キャメルを吸っているやつはバカ」となってしまう。あくまでも私の経験に基づくものだ。

関西人はうるさい。イギリスの飯は不味い。インド人はすぐに嘘をつく。

こういった「印象」も、おそらくは個人的な経験に基づいたものだ。物静かな関西人も確実にいるし、イギリスの名食堂はやはり美味いだろう。ただしインド人は嘘をつくけれど。

たった一度の経験によって人の印象が左右されるのであれば、私はそこの公園使用者たちの間では「あの毎朝柔道の打ち込みをしにくるヤツ」ということになっているであろうから私の行動が「柔道をしている人たち」全体への印象となる可能性は大いにある。少なくともその公園内では。

なので傍若無人な振る舞いをせずに、良識を持って公園を利用する。それは私個人だけではなくて柔道家全体への影響もあるのだ。

今後その公園内で私の目の前でタバコをポイ捨てする人がいた場合には、もめ事はイヤなので口頭で注意したりはしないだろうが「何でおれが拾わなきゃいけねえんだよ」とブツブツ言いながら吸い殻を拾って帰ろうと思う。

本当は100円を渡して「これで帰りにコンビニで携帯灰皿買って」ぐらいの嫌味は言いたいのだけれど、多分言わない。

今後も「福島禁止」にならないように細心の注意を払いながら公園での稽古にいそしみたい。

今日の演奏動画。

Pat Methenyの作曲した『Wrong Is Right』をソロピアノで弾いてみました。

|

« にっくき四十肩 | トップページ | また怪我した »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« にっくき四十肩 | トップページ | また怪我した »