« 『Like Someone In Love (Jazz Standard)』 played by ワタクシ | トップページ | 2020年3月後半以降演奏スケジュール »

2020年3月 8日 (日)

Antonio Carlos Jobim 『Luiza』played by ぼく

ここのところ暇があれば(ありまくりですけど)演奏を録画録音してYouTubeに上げまくっています。

なんでそんなことしてるのかというと、実際には複数の目的があって全部言うとめちゃくちゃ長くなるのでやめときますが、いくつかの目論見とそこに向けて行動を起こした時にどうなるのかなという実験です。

昔は「YouTubeなんてこんなもんダメだろ、ここで満足されちゃったらCDも売れなくなるしライブにも来てもらえなくなるし」と、かなり否定的だったのですが、今はそうでもないです。考えが変わったのには様々な要因があるのですが、実際あんまり結果は変わらない、ってのも大きいです。分母が少ないってのもあるんだけど。

YouTubeの目論見のこと、一つだけ話してみたいと思います。
目的を大きくいくつかに分けた時に「ライブへの集客」というのが結構大きな割合であります。
とは言え私のYouTubeを見た方が「あらまあ素敵な演奏!ライブ行ってみようかな!」と簡単になるなんて思っていません。もちろんそういう方がいらっしゃれば嬉しいですけど、そんなに甘くはないよと思っています。

一つのキーワードは「知ってる曲」です。
ジャズのライブに行ったことがある方で「知ってる曲が一曲もなかった」という経験をしたことがある方は少なくないのではないでしょうか。私もあります。
実は私自身はライブを見に行った時に「知ってる曲をやってほしい」という欲求はほぼゼロに近いです。そのミュージシャンがやりたい曲をやってくれれば良いし、知らない曲で素敵な曲を知れたらラッキー、ぐらいに思っています。ただしこれは私が自分で演奏をするからかも知れない、と思っています。多くの人が私と同じように思っているとは思いません。

で、自分が演奏をする立場になって話をすると、私は超ワガママなので「自分がやりたい曲しかやりたくない」のです。これは営業仕事などの場合はその限りではありません。あくまでも「ライブ」の話です。
例えばお客さんから「よく知ったスタンダードを弾いてくれ、例えばFly me to the moonとか」と言われた時に私が「ちょうど今その曲がめちゃくちゃ弾きたかったんだ!」となればもちろん弾きますが、「今日の為にその曲をたくさん練習してきたわけではないし、自分で満足のいく出来になるかどうか自信がないし何より今はあまりその曲を弾きたくはない」となれば弾きません。本当に私は超ワガママなのです。それは今に始まった話でなく。

そうなった時に、お客さんの「知ってる曲やってくれないとつまんないよ」という意見を何とかしてみたいという試みがこのYouTubeなのです。
じゃあ私が弾きたい曲をお客さんが「知って」くれ、という。

ライブに来てもらえるというのは簡単なことではないと思っています。逆に言えばほとんどそこがゴールみたいなところもあって、ライブにお客さんが来てくださって、そこで自分が最低限納得のいく演奏ができる、というところが日々の目標です。
で、やはりせっかく来てくださったのなら楽しい思いをして帰って頂きたい。その一つの要因に「知ってる曲が結構あった」というのは私は無視出来ないと思っています。

で、こちらから「私の好きな曲」をあらかじめ発信しちゃえ、という目的があります。

おそらく「わざわざライブに足を運ぶ」というところにまで労力を割いてくださる方は「YouTube動画のリンクをクリックする」ぐらいは厭わないのではないかと思っていまして、もちろん中には「そういうことは抜きにしてもっとニュートラルな状態でライブを楽しみたい」という人もいるでしょうが、私の体感としては「ライブに行く前にはその人のCDやYouTube等で事前情報を仕入れてから行く」という人の方が多く感じます。
そこであらかじめ「知ってる曲」を増やしておいてもらおう、という目論見です。

もちろんデメリットもいくつか想定しています。
「そんなヘタクソな演奏を衆目に晒すな!」

「私の大切にしている曲をこんな風に弾かないで!」
という苦情がくることもあるかと思います。

そう言われた際には三つの対応を考えていまして
・まことに申し訳ございませんでした!土下座による謝罪ののちに動画を全て削除の上、ご迷惑をおかけした慰謝料として200万円ほど支払えば良いでしょうか!と謝るパターン
・無視するパターン
・「うっせーバーカ!」と言うパターン
の三パターンを用意しており、状況に応じて臨機応変に使い分けていこうと思っています。

何にせよ、表現活動をした場合にはネガティブな反応が出ることがあり得るのは当然のこと。あんまりそこにビビり過ぎてたら何にも出来なくなるので、いくつかの想定の上「あくまでも行動する」という選択を取っています。

ということでまとめますと、
・ダイレクトに集客に繋げるのでなく
・ライブに来てくれた方の満足度を上げつつ
・私の「やりたい曲しかやりたくない」というハイパーワガママも通せやしないか
という目論見です。

どういう結果になるのかはわからないけれど、実験してみないことには何とも言えない。

文句言いたいだけのやつはすっこんどいてくれ。

ということで、本日のyoutube更新はAntonio Carlos Jobim の『Luiza』です。綺麗なワルツです。



youtubeのチャンネル登録はこちらから。

良かったら登録してくださいね。ひたすらピアノ弾いてるだけですけど。

|

« 『Like Someone In Love (Jazz Standard)』 played by ワタクシ | トップページ | 2020年3月後半以降演奏スケジュール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『Like Someone In Love (Jazz Standard)』 played by ワタクシ | トップページ | 2020年3月後半以降演奏スケジュール »