« 一つだけなら | トップページ | 闘病明けて来週から京都へ »

2019年1月24日 (木)

新年早々終わっているオレ

昨日の午前中のレッスンの時に生徒に「今日は寒いねー」と言ったところ、「え?今日めちゃくちゃ暖かいですけど?」と言われた辺りから色々おかしかったのだろう。

レッスンが終わるや否や、北極に小島よしおのコスプレで佇むかごとき寒気が襲ってきた。即座に熱を測ってみるもその時点では平熱。「一過性か?」と思い30分ほど横になってみるも、寒気は更に加速。頭の中でTRFが「寒いー夜だーかーらー」と歌い始めていた辺りでは既に発熱していたのだろう。

夕方のレッスンをキャンセルする連絡を入れる。

夜には演奏の予定があったので家で寝る。一時間ほど寝てみたら身体の全体がホットホットであったので、熱を測ると「うん、君はやっぱりやれば出来る子だな」と言いたくなるほどのハイスコア。ここで当たり前だがインフルエンザを疑う。

突如の悪寒からの突如の発熱、そして関節痛ときたら、こりゃもうインフルエンザしかねえだろう、と。

近所の病院で検査をしてもらうもインフルエンザは陰性。ただし、発症間もないと反応しない可能性もあるので、明日再度検査に来るようにと言われ、先ほど再検査。結果は陰性。つまりインフルエンザではない。

ちなみに昨日の時点ではインフルエンザではないと確定していたわけではないので演奏に行くのはまずいと思い、名ギタリストの油科孝氏に代役を頼む。良く考えたらこういう代役にこういう大御所呼ぶのはあんまり良くねえな。失礼だな、うん。ともあれ行って下さった油科氏にはむちゃくちゃ感謝。

昨夜から現在にかけても謎の高熱は収まらず、布団の中で釣りのYouTubeを観たりカーラブレイを聴いたりして過ごす。

テニスの大坂なおみは世界の舞台で輝いているのに、オレときたら布団でくすぶって…

明日の仕事はどうしよう。
我々フリーランスは、休んだらお金が入ってこないばかりではなく、罰金みたいなものもあるので極力休みたくは無いのだが、かといって身体がダメなら稼げないし…
ものすごい葛藤。

朝起きて熱がなければ仕事行くかどうか考えよう。熱があったら明日も休もう。

はあ。明日地球が滅びれば良いのに。

(2019 vol.10)

|
|

« 一つだけなら | トップページ | 闘病明けて来週から京都へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 一つだけなら | トップページ | 闘病明けて来週から京都へ »