« 闘病明けて来週から京都へ | トップページ | 2019年2月&3月演奏スケジュール »

2019年1月29日 (火)

作品

音楽家にとって「作品」って何だろう、と考えた時に、それはやっぱり楽曲じゃないかと思う。

CDやレコードといった録音物ももちろん作品なのだろうけれど、それらは再生機器に入れて再生して初めて「作品」として機能する。

今月の某日に、いつもお世話になっている小岩のライブハウス「Back in time」で、店主の梶川さんが二年前に亡くなったドラムの町田浩明さんの追悼イベントを行ってくれて、その際に旧知のメンバーと町田さんの楽曲を演奏してくれていた。それを見て、「ああ、町田さん、あなたの作品はきちんと今も残っているよ」という気持ちになった。

逆に言えば、音楽に限って言えば「演奏されなくては作品が残っていることにはならない」という事なのかなとも思った。それは作った当人が演奏しても良いし、その楽曲を愛する当人以外の人が演奏しても良いし。

音楽家にとっての「作品」は、こうやって残っていくんだ、と感動した。

13年前に他界したピアノの師、市川修さんもたくさんの作品(楽曲)を残した。ジャズマニアの市川修さんらしい難解で複雑でかつ面白い作品から、あの肉体労働のオッサンのような見た目からは想像もつかないほどに優しく美しい作品まで。

その譜面のほとんどは、私の手元にある。

不遜を承知で言えば、私に託されているのだ。

市川修さんの渾身の作品は、弾かれなければ残っていることにはならない。

今日から三日間は、毎年恒例の市川修さんのメモリアルナイト。

どこかで彼の作品を弾かせてもらおう。

今回はどうしてもソロピアノで弾きたい作品がある。

三日間もあるし、どこかで弾けるでしょ。

音楽を愛して、ジャズを愛して、ブルースを愛して、愛しまくってどうしようもなかった市川修さんの作品を、演奏させてもらおう。

市川先生のジャズに対する異常なまでの愛情に、心からの敬意をもって。

1月29日先斗町スターダストクラブ
1月30日高野むーら
1月31日三条セサモ

です。全曲心を込めて弾いて参ります。

|
|

« 闘病明けて来週から京都へ | トップページ | 2019年2月&3月演奏スケジュール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 闘病明けて来週から京都へ | トップページ | 2019年2月&3月演奏スケジュール »