« 来週の予定 | トップページ | 義理告白 »

2017年2月13日 (月)

明日はオルフェウスでバレンタインセッション

ピアノを本格的に始めた二十歳くらいの頃、楽しくて毎日弾いていたせいもあって、少しずつ上達していった。

ごくたまに人から誉められることもあり、その際には「段々ジャズっぽくなってきたね」と言って頂いたりしたのだが、生意気で生意気を煮しめたような、性格的なトラブルを抱えていたので(今もだけれど)、心の中では「ジャズっぽく、って何だよ!全然ダメだよ!おれがやりてえのはジャズっぽい音楽じゃなくて「ジャズそのもの」なんだ!」と反感を抱いたりしていた。
ちなみに死んだ師からはそういう風に誉めて頂いた事は一度もなくて、「全然スイングしとらん!ジャズじゃない!アホか!」と言われ続けた。全くもってその通りだ。

今でも、「なかなか「ジャズそのもの」にならない!何をやってるんだおれは!」という苛立ちは常にある。とにかく勉強と練習をするしかないのだ。頭を使って、時間をかけて。

そんなことを思っている折に、たまたま今日、譜面を買いに池袋の某楽器屋に行った時のこと。お目当ての譜面二冊はすぐに見つかったのでそれを手にして譜面の棚を無目的に眺めていたら、「ジャズっぽく」とか「なんちゃってジャズピアノ」という文言の冠された譜面の、まあたくさんあること。いや、それらが悪いとかそういう事ではない。ただ、若い頃からのそのような反感が顔を出し、脳内で大暴言大会が始まった。中身はここには書けない。

譜面屋にくるとどうにも言葉遣いが乱暴になっちまっていけねえや。それと、昨晩自宅で酒を呑みながら一人で久しぶりに落語の練習をしてたもんだから、言葉遣いが落語調になっちまっていけねえや、などと考えながら譜面の棚を引き続き眺めていると、ふと眼下に「音楽コンテストの受かり方」みたいな本が目に入り、脳内の大暴言フェスは更にヒートアップ。「そんなもんねえ!審査員を端からマシ○ガンか何かで撃ち○しちまえば良いんじゃあねえかい!」などと酷い有り様。まあみなまではよしましょう。

良いんですよ、人は人、で。

酔っ払ってもいねえのにいらねえ事ばかりを言っちまいそうなので、明日の宣伝です。

明日2月14日(火)は小岩の「ライブシアターオルフェウス」で「バレンタインセッション」です。19:30開始。
村松ショータロー(ボーカルとか)、浅井誉司(ギターだけ)、落合伸彦(ギターとか)、南たけし(ドラムとか)とワタクシ(ピアノとか)のホスト陣でお待ちしております。見るだけでも面白いです。つまらなかったら司会の村松と福島のせいです。
宜しくお願い致します。

|

« 来週の予定 | トップページ | 義理告白 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 来週の予定 | トップページ | 義理告白 »