« 今年も指名されず | トップページ | 久しぶりの愛聴盤 »

2013年10月25日 (金)

ハロウィンの仮装

本日池袋「バガボンド」にてボーカル千葉陽子ちゃんとデュオ。19:30から。

世間では「ハロウィン」とかいう米利堅から輸入した祭の真っ最中だそうだ。

私は正直言ってまるでピンと来ていない。理由は明快だ。私が子供の頃にはそんなものはなかったからだ。

キリストが何かをした事を祝う切支丹やら伴天連たちの祭らしいのだが、さっぱり馴染みが無い。

祭の中身を聞けばとにかく「仮装をする」との事。

本日の「バガボンド」でのライブでも「ハロウィンなので仮装をしてくるように」という御達示が千葉陽子ちゃんからやって来た。

が、先程から述べているように私には仮装の意味がさっぱりわからない。更に言えば、何をもって「仮装」とするのか、その基準もわからない。

仮装…仮装…と考えた私の脳裏に一瞬浮かんだのは、「裸族の仮装」であるが、これは仮装の為に全ての衣服を脱ぎ捨てなくてはならず、京成小岩駅〜日暮里〜池袋までの行程を恙無く乗り切れる自信が皆無、途中で必ずポリス沙汰になるのは必至だったので、裸族の仮装は断念した。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ブログの途中ですが、ここでニュースです。今日夕方、東京都の京成小岩駅構内で全裸になっていた自称音楽家の男(33)が逮捕されました。調べに対し男は「ハロウィンだ。裸族の仮装だ」などと弁明しており、取り調べ員の「裸族だってチンコケースぐらいしているぞ」という問いには「オレのに合うサイズが無かった」などと見栄180%の嘘をついている為、当局は近くこの男を少し痛くする予定です。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ニュース終わり。

いや、裸族の仮装は無理なのだ。法治国家のここ日本では。

続いて考えたのは、ドカジャンにニット帽で「北の国から」の黒板五郎の仮装、というのも考えたのだがこれもやめた。今は時期的に暑すぎるし、誰にもそれを仮装とわかってもらえない恐れがあるので。

仕方が無いので私は家を出る時に中央に「C」の文字の書かれた赤い帽子を持って出た。

某プロ野球球団のファンのコスプレである。

ああ、これもわかりづらかったなあ…とちと反省。

これから演奏です。

|

« 今年も指名されず | トップページ | 久しぶりの愛聴盤 »

コメント

死ぬかと思うほど笑いました
LIVE頑張って下さい

投稿: あ | 2013年10月26日 (土) 19時38分

あさんへ
笑って頂けるのが何より嬉しいです。
ありがとうございます。

投稿: ふくしまたけし | 2013年12月 2日 (月) 20時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今年も指名されず | トップページ | 久しぶりの愛聴盤 »