« 遠く離れたあの人を想う | トップページ | 大自然のピアニスト »

2012年1月12日 (木)

小岩の夜はオレのもので

正月にだらだらとしていたのが遠い過去のように感じる。

1月も十日余りを過ぎて、いよいよ「日常」が始まっている。

私の場合、音楽をする事が仕事であるので、今日も日中は練習、夜はレッスンと「いつも通り」の一日を過ごした。こうやって何ら変化の無い日常を過ごせる事、それ自体には心から感謝をしている。

このブログを書いているのもレッスンからの帰りの電車の中だ。

しかし、今日は一つだけ、普段と違う事がある。それは「かみさんがいない」という事だ。

友達との呑み会に出掛けたらしいのだが、「今日はご飯作れなくてごめんね、夕飯は何か適当にして」との事。これは大変にテンションが上がる。

普段ならば、夕飯を作って待ってくれている細君に最大限の感謝の意を表するべく、仕事が終わればいそいそと家に帰る私である。

それが今日は「他所でメシを食ってきて良い」と!つまりは「軽く呑みに行っても良い」と!(←脳内変換)

どこに行こうかな、と浮かれまくっている。

まずはどこかで簡単に腹を満たしてから然るべき後に呑みに…

などと考えている。

どこ行こう。立ち呑み屋かな…それとも…

断りを入れておくが、オネエチャンのいるような呑み屋には行かない。高いしあまり好きではないから。

さて、今夜は小岩の夜を満喫するぜ。

|

« 遠く離れたあの人を想う | トップページ | 大自然のピアニスト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 遠く離れたあの人を想う | トップページ | 大自然のピアニスト »