« 料理は愛情 | トップページ | 体力の限界 »

2010年5月22日 (土)

かき捨てた歌

旅の恥はかき捨て、という態度はあまり好きではない。

やはり一期一会。その刹那々々をきちんと礼儀正しく生きるべきだと思っている。それは言い換えれば、「他人にどう見られたいか」ではなく、「自分がどう在りたいか」という問題である。やはり私は「私」でありたい。そう、強く思っている。

だが、私には一つだけ、どうにも堪え切れない「旅の恥はかき捨て的な態度(或いは悪癖)」がある。何とも我慢し難い、そんな習慣である。

それは、自転車に乗りながらイヤフォンで音楽を聴いて、合わせて大声で歌う、という癖だ。

すれ違う人は皆、私を見て、「え!?何故に大声!?」という顔をする事が多い。その時ばかりは私もさすがにいささか恥ずかしい。

だが、それは一瞬の事なのだ。すれ違い、過ぎ去ってしまえば、それは忘却の彼方へと消失する。また新しい人とすれ違い、再び「え!?何故に超ノリノリ!?」という視線を浴びるだけだ。

良いのだ。私はさすがに電車の中では歌わないけれど、一人で自転車に乗っている時は歌いまくる。自転車のサドルの上は、私にとってはカラオケボックスなのだ。

イヤフォンで音楽を流す事もあれば、脳内iPodで音楽を流す事もある。

さあみんなで歌おうぜ。

|

« 料理は愛情 | トップページ | 体力の限界 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 料理は愛情 | トップページ | 体力の限界 »