« カープの退場劇と逆転劇 | トップページ | ホントのような嘘っぱち日記 »

2009年8月28日 (金)

8月29日と8月30日

簡単に告知を。

明日8月29日と明後日8月30日は演奏します。

どちらも所謂「ライブ」ではないのですけれど、面白い試みです。

まずは明日。8月29日。

三回目を数える「ミュージックワークショップ東京」。今回もゲスト講師は廣木光一氏。非常に有意義な時間になることが予想されます。毎回様々な発見があります。詳細は以下。

8月29日(土)14:00~18:00

リハーサルスタジオ マジェスティック Fスタジオ

参加費:2000円

【概略】

各回毎にゲストインストラクターをお招きし、セッション形式で進行します。
ゲストを交えて演奏したあと、感想や意見を交換して、最後にコメントをいただきます。

今回は廣木光一さん(g)をお迎えしての開催です。
http://www.hirokimusic.com

【参加方法】

お名前、担当楽器、連絡先をそえてご連絡ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

年齢や経験の制限はは一切ございません。
初心者の方からプロの方まで、ふるってご参加ください。

※スタジオ開催の為、参加希望者多数の場合は定員を設けさせていただきますので、お早めにお申し込みください。
※参加の際は譜面を数部ご用意下さい。

ご参加、お待ちしております。

連絡先は
musicworkshop.tokyo@gmail.com

ホームページは
http://mws-tokyo.jimdo.com/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

です。

そして明後日8月30日は、今年後半の「The Successors」の活動の第一弾、「かわさきタップフェスティバル」です。

以下、「かわさきタップフェスティバル」のホームページから抜粋。

ホームページは
http://www2.odn.ne.jp/mstapfactory/ktf-top.htm

2009年8月30日(日)
                @川崎教育文化会館
              開場 15:30   開演 16:00
              前売 5000円  当日 6000円

(↑何かフォントがエライ事になっていますが、知りません。)

我々は第3部のソロパフォーマンスの部に出ます。

パンフレットに載っているタカさん(川村隆英さん)のプロフィールも抜粋。

川村隆英

1968年高知県出身。15歳からタップを始め、86年に上京し、加藤邦保氏に師事。
同氏が率いるJAM TAP DANCE COMPANYに所属し、舞台経験を積み、94年に渡米。
米国滞在中は、JIMMY SLYDE氏に師事しJAZZ TAPとTAP RUDIMENTを学びながら、JIMMY FAMILYのメンバー(唯一の東洋人)としてJazzLiveやEventに出演する。
師であるJimmy Slydeをはじめ、Chuck Green、Lon Channy、Gregory Hines(以上Tap)、Barry Harris、Tommy Flanagan、Red Richerds(以上Pf)、Milt Hinton(B)、Alan Douson(Ds)といったTap、Jazzの巨匠達と共演し、Taka Slyde(Jimmy氏より命名される)の愛称でしたしまれる。帰国後は国内の多数のJazzClubでDolly Baker(Vo)、山本剛、市川修、大野雄二(Pf)、稲葉国光、岡田勉、谷中秀治(B)といった実力派JazzMusicianと活動を始める。
現在は、イチタカタをBandMasterに福島剛と共にThe Successorを結成し国内各地で活動中。

こんな感じです。

さあ、怒涛の週末。頑張ります。

|

« カープの退場劇と逆転劇 | トップページ | ホントのような嘘っぱち日記 »

スケジュール」カテゴリの記事

コメント

はい♪頑張ってくださいな!!…私も頑張るから…って何を???…まあまあ と言う事で蒸し暑いですが。☆夏も終わりで蝉が鳴かなくなりました。夜は秋の虫が鳴いてる…秋の始まりは苦手です。寂しいような、物悲しいような。

投稿: のりまき | 2009年8月28日 (金) 19時43分

のりまきさんへ
そうですね、いよいよ秋って感じになってきましたね。
秋はやっぱり魚がウマいので良い季節だと思うのですが、やはり夏が終わる瞬間に一抹の寂しさを覚えるのは、すごくわかります。

投稿: ふくしまたけし | 2009年9月 2日 (水) 16時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カープの退場劇と逆転劇 | トップページ | ホントのような嘘っぱち日記 »