« 100年後の音楽 | トップページ | 離れて見て »

2009年7月15日 (水)

灰色の悪夢

灰色の夢を見て朝6時に起きて、暫らくしてから再び寝たらばまた灰色の夢を見て起きる。

不思議な事に、中身のストーリーはまるで覚えていない。ただただその色彩だけがくっきりと脳裏に残っている。所謂「悪夢」の一つと考えて良いのだろう。

脳にもやでもかかったかのようにずっと頭がぼんやりしていた。食事を採ったりちょっと多目に麦茶を飲んだりして、もう一度寝たりしていくらかマシになってくる。

こんなになった原因ははっきりとわかっている。ちょっとここには書けないような恥ずかしい理由で。中学生でもこんな失敗をするかどうかは微妙だな、と苦笑い。それと少しだけ反省。ごめんなさい。

ほぼ完全に覚醒して起きたら昼過ぎ。一日が既に半分近く終わっている。不可逆な時間の進みに後悔を覚える。

久しぶりに千駄ヶ谷でレッスンだから、夕方から千駄ヶ谷に向かう。

大丈夫だ。大丈夫。

|

« 100年後の音楽 | トップページ | 離れて見て »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 100年後の音楽 | トップページ | 離れて見て »