« 新しいノート | トップページ | 二番手の在り方 »

2009年7月23日 (木)

間違いだらけの人生を歩みながら

人生には幾つもの岐路がある。

その岐路に立った時、好むと好まざるとに関わらず、我々は兎に角「決断」をしなくてはならない。

「保留」ではない。「決断」だ。

取り敢えず導き出した「決断」、それが正しいのか間違っているのかはその時点では我々にはわかりかねる。後々になってわかる事が殆どだし、更に言えばそれは流動的だ。後から正しく補正する事も可能ならば、反対に間違いへと逆補正に陥る事だってありうる。必ずしもその場での「決断」だけが全てではない。

私はと言えば。

岐路に立った時に何がしかの「決断」を下す。それは常に「間違っている」という自信がふんだんにある。自信に満ち満ちている。ああ、我が人生に悔いあり。

いや、悔いは無いのだけれど。

困った事に、どうせ間違っている、と開き直ってしまっているので、悔いは無い。後からどうにでも修正可能だと、大陸の人達ばりに大らかに捉えている。そうであった、私の人生の座右の銘は、「大丈夫」であった。

さて、そんな間違いだらけの人生を爆笑しながら歩いている最中の私であるが、本日もとある間違いを指摘された。

詳しくは、数回前に書いた私のライブスケジュールに関する記事をご参照頂きたいのだが、明後日25日(土)の金町ジャズインブルーでのライブにおける詳細である。

スタートが19:30となっているが、これは真っ赤な嘘である。

正しくは、20:00スタート。これが間違いの無い情報である。

私には間違いと同時に嘘も多いが、絶妙な具合に間違いと嘘が溶け合った格好の具体例である。

明後日7月25日、金町ジャズインブルーでのピアノトリオは、20:00スタート。真実はいつも一つ。

ベースは長谷川明弘氏。ドラムは松永博行氏。これもまた嘘偽りない真実の情報である。

是非にご来店を。

|

« 新しいノート | トップページ | 二番手の在り方 »

スケジュール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新しいノート | トップページ | 二番手の在り方 »