« どこかで誰かが泣いて | トップページ | わからないもの »

2009年2月13日 (金)

少しのんびりとして

先日の静岡でのライブが終わり、TAKA TONE の今回のミニツアーは一段落。様々な発見や収穫、そしていくつもの課題が見つかったが、概して愉しかった。プレッシャーを感じながら演奏をするのは、しんどいけれど愉しい。何にも勝る。

課題は、一つ一つ片付けていくより外ない。天才とは対極にある、まさしく凡庸の極みである私に残された唯一の希望は、努力以外にない。

「努力とは、馬鹿に許された最後の希望」、そう言ったのは立川談志であるが、談志は別の所でこうも言っている。

「嫉妬とは、自分から努力、行動を起こさずに、対象となる人間の弱みをあげつらって、自分のレベルまで下げる行為の事を言う。現状を認識して把握したら処理すりゃ良い。それが出来ない奴を俺の基準で馬鹿という」とも。

四の五のぬかさずに黙ってやるかな。

暫く、こちらのブログも書きかけの小説も、ほったらかしの状態になってしまっていた。所謂、「仕事が忙しい」という状態だった訳だが、そういうのはあまり理由にはならぬな。忙しぶるのは、とても嫌いだ。睡眠時間の短さを自慢する奴が嫌いなように。

2月20日、次は渾身のピアノトリオ。金町Jazzinnblueにて。

これは是非とも見て頂きたい。今、私のやりたい音楽を、一番形に出来るのは、このトリオ。久しぶりにリーダーバンド。目下、今日辺りからプランを練らなくてはならない。愉しみ過ぎる。このプランやアレンジを考えるのも、愉しい作業の一つなのだ。

という事で宣伝。

2月20日(金)

金町Jazzinnblue

tel 08012630955

http://www.jazz-inn-blue.net/

PM20:00start

ピアノ・福島剛 ベース・長谷川明弘 ドラム・松永博行

ミュージックチャージ・1500円

早く20日になってほしい。

|

« どこかで誰かが泣いて | トップページ | わからないもの »

スケジュール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« どこかで誰かが泣いて | トップページ | わからないもの »