« 3分間の幸運 | トップページ | 鯉のぼりが降りても »

2008年5月15日 (木)

匿名への嫌悪感

さっきブログを久しぶりに見たら、コメントをいくつか頂いていました。後日返します、すみません。

さて。

この三日間、売れていない音楽家である私は連休であった。休みが取れない、忙しい、と嘆く人がいる一方で、こうして真逆の苦しみを抱える人間が存在するのもまた事実。休みなど要らない、仕事がほしい。

この三連休、私が何をして過ごしていたかと言えば、実は、ひたすらに引きこもっていた。H・I・K・K・E・Y。そう、藤圭子の娘ではない方のヒッキーである。

微かに外へ出た記憶と言えば、一昨日、近所の100均ショップにカップラーメンと2リットルの烏龍茶を買いに出たくらいのものである。それ以外はずっと家にいた。ずっと。

寝て、起きて、ピアノの練習をして、譜面起こし(レコードなどの音源を採譜する作業)をして、既存の曲のアレンジを作り直して、作曲をして、夜になったら再び寝る。つまり、一人で自宅にて「プチ音楽合宿」に近いことをしていた訳だ。なかなかにはかどった。成果は来週のライブでお見せしたい。

さて、こうした極めて「閉鎖的な時間」を長時間続けていると、何だか息苦しくなる時がやって来る。そういう時には、パソコンを開いた。そこで世間のニュースやら他人の日常やらスポーツの結果やら女性の首と腹の間らへんにある部位(通称おぱい)を眺めたりしていると、少しは気が紛れて、文字通り気分は転換され、再びプチ合宿に戻る気概がチャージされた。

だが、その中で一つ、どうにも解せない事が一つだけあった。今年のS1(エスワン)グランプリの結果、ではない。中国の地震の事である。ちなみにS1グランプリとは、AVの優秀作品を決定する催事である。確か、今回のグランプリは、初音みのりと何某とかいう女優とが競演したレズ物だったような気がするが、どうだったであろうか。正確な情報をお持ちの方は是非私にご教授頂きたい。

さて、中国の地震であるが、かの阪神大震災を超える規模の大地震が中国の四川省で起きた、というニュースは勿論聞いていた。日に日に増える犠牲者の数を聞くにつけ、一体どれほどの規模の災害かと私も疑問を抱き、インターネットに情報を求めた。

私は辟易した。

そこかしこに散らばる、中国人への罵詈雑言。人口増加も甚だしいのだから今回の震災で中国人が多数死ぬ事は我々の未来にとって歓迎すべき事だという論旨の文言、支那人よ天罰だ、という品性の欠片も感じられない発言。挙句の果てには、先のチベット問題と今回の地震に関連性を持たせる輩までいた。

また、私にとってこれら一連の発言が気持ち悪く感じられた大きな理由には、「これらの発言の九割九分が、匿名によるものだった」という点である。

表現として、過激な性描写に眉をひそめる人もいるだろう。暴力描写を生理的に受け付けない人もいるだろう。しかし、私の場合はこれだ。「匿名で他人の死を嘲笑う行為」、これである。吐き気すら催した。暴論を承知で言えば、民族、というレベルで、そのような人間が同じ「日本人」の中に存在する事もまた、私には許し難かった。

私は今回の震災に関して、現地に赴きボランティア活動に参加しようなどと、積極的に関わっていくつもりは今のところ、無い。コンビニで少額の募金をする程度が関の山だ。故に、何かを諭すような視線で彼らにものを言える立場でない事もわかっている。ただ、彼らの匿名で人の死を蔑む行為は、私にとっては許し難い。はっきりとした嫌悪感を覚える。

それは様々なものに対する冒涜である、と私の見解を一言だけ添えて本日の文章を終わりにしたい。

そして、もう一つ。

こんな時こそ自衛隊を派遣するべきではないのか?出来る限り速やかに。

そう、イラクよりも優先的に。

|

« 3分間の幸運 | トップページ | 鯉のぼりが降りても »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

福島さんの魅力の一つは、正々堂々としている事ですね。
スカッとしていて気持ちイイです。
それがこのブログの人気の何パーセントかを担っていると思います。

投稿: 桜 | 2008年5月15日 (木) 14時43分

桜さんへ
ありがとうございます。うん、爽やかさや誠実さとは無縁なんで、最低限、悪びれずにいこう、みたいな事はあります。心掛けています。あ、あと「真剣にふざける」みたいな事かなあ。まだまだですけど。
これからも一生懸命ふざけますので読んで下さいネ!

投稿: ふくしまたけし | 2008年5月16日 (金) 23時54分

新潟の震災が起きた際、中国のネット掲示板などに「今回の地震で日本列島が太平洋に沈めば良かったのに」「もっと強烈な地震をお見舞いしろ」的な書き込みが多数行なわれた…っていう経緯がありますから、今回の中国の震災に対して「ざまあみろ」だとか「天罰だ」とか言う人間が出てきてもおかしくないだろうな…と思う自分がいます。

「それでは向こうの連中と同レベルではないか」と思う人もいるかもしれませんが、「向こうは言って良くて、こっちは言ったら駄目なのかよ、それってフェアじゃねーじゃん」と言われたら、自分には反論する術はありません。

---------------------------------------------

日本の地震喜ぶ中国サイトに戒め

20日付の中国紙、中国青年報は、新潟県中越沖地震を受け、
中国のウェブサイトの掲示板で「日本の地震発生を喜ぶ」などの
民族主義的な書き込みが多数掲載されていることを戒める論評を掲載した。
論評は、被害を受けているのは日本の一般庶民であり「軍国主義とは関係がない」と指摘。
それにもかかわらず、中国では若者を中心に「恨みと敵討ちの運動」が
起きていると述べ「(第二次大戦から)何年たっても錯乱した“復讐思想”が
存在するのは驚くべきこと」とした。
中国のサイトの掲示板では「日本で地震、いいニュースだ」などの書き込みが
圧倒的多数で、同情的な意見は少ないのが実態だ。 (共同)
[ 2007年07月20日 20:51 速報記事 ]

---------------------------------------------

投稿: 都筑てんが | 2008年5月17日 (土) 17時16分

都筑てんがさんへ
初めまして、コメントありがとうございます。書いていただいた状況。うーん、すごく納得させられる部分もあると同時に、ちょっとした反感を抱くのも事実です。そもそも、単純にぼくの好き嫌いの話なんですが、そういった「フェアさ」みたいなものにぼくは抵抗があります。日本の地震の際に中国人が「ざまあみろ」的な書き込みをしていた、だから今回の件で日本人が同様の事を言ってはいけないというのはフェアではない、という意見にはかなり疑問です。すごく極端な例えですが、女の子が重い荷物を持たない、だから我々男が重い荷物を持つのは不公平だ!という女々しい(あ、こういう言葉遣いはフェミニストに怒られる笑)戯れ言に近いものを感じてしまいます。良いじゃん、進んで重いものを持とうよ。美味しいものは人に食べてもらおうよ。そんな事を思ってしまいます。自分で言っときながら、さすがにあまりの綺麗事でイヤですね笑。

でもね、やっぱり正直な所、誰かが死んだ時に匿名で「ざまあww」とかネットに書き込んでる輩は、ちょっと痛くしてやりてえよな、って思います。命はそんなに重くない。でも、そんなに軽くもねえんだ、っていうのがぼくの意見です。

投稿: ふくしまたけし | 2008年5月19日 (月) 20時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 3分間の幸運 | トップページ | 鯉のぼりが降りても »