« 都市生活と琉球生活 | トップページ | 蕎麦という文化 »

2006年9月 4日 (月)

出来レース

少しだけ時事ネタをぶちます。御了承を。

ポスト小泉、次期総理を決める一連の動き、どうやら安倍晋三で決まり、という空気が既に流れているようだ。何だかなあ。

安倍晋三については、私はあまり肯定的ではない。特に日米間の関係について、「より(日米関係を)濃密にする事によって、日本側の発言権が増す」という彼の意見には、私自身かなりの疑問を持っている。多くは言うまい。

憲法の見直しに関しては、見直し、それ自体は大いに結構だと思っているが、きちんと「独立国家としての憲法」を作れるのだろうか。今は時期尚早、結局、改悪、となりはしまいか、と、私はそういう見解だ。

あまり文句ばかりを並べ立てるのもナンセンスだ。彼になるならばなるで、我々もそれ相応の覚悟を決めなければならないし、やはりなるからには少しぐらいは期待もしたい。小泉純一郎がやらかした幾つかの失敗の尻拭いもあるが、頑張って頂きたい。

この一連の流れの中で一番私の癪に触ったのは、「圧倒的安倍優勢」の現状を見て、カメレオンのように態度を変えている連中だ。これまで「安保撤廃」を謳っていた連中の中でも、「継続、見直し」という安倍路線にシフトチェンジし、また憲法問題に関しても意見を変える者多数。おいおい何をしとるんだ、と鳥肌実のアクセントで、独り毒づいてしまう。

結局、内閣組閣後の人事の際に有利に働くように、との事なのだろうが、そんないい加減な連中によって組閣された内閣など、政策など有って無し、という事になってしまうのではないだろうか。政治的信念よりも大多数の論理、結局長いものに巻かれる、これまでの日本政府の悪い体質が尾を引くのではないか、と懸念している。

もし仮に、麻生、谷垣のどちらかが奇跡的に勝った場合、コロコロと意見を変えていたご機嫌伺いの連中はどういう対応をするのだろうか、それが気になるので、私は麻生、谷垣の奮闘に期待している。

でもどうせ、安倍で決まりなのは知っている。今回、麻生、谷垣という対抗馬を立てたのは、結局この総裁選を利用して、自民党が安倍、麻生、谷垣の三人を世間にアピールしたかっただけなんだろうな。下らん。

こうして政治ネタをぶつと、とても気持ちが沈む。なら書かなきゃ良いのだが、ついつい書いてしまう。

いつになったら、日本政府はアメリカ政府の腰巾着でなくなるのでしょうか。それが、当面、私の一番の興味です。

|

« 都市生活と琉球生活 | トップページ | 蕎麦という文化 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

議員になった当初はあんなに自分の信念に燃え、ファイアーしていた大仁田厚なのに、数ヶ月前、古賀誠と仲がいいことを知り、驚きました。古賀誠なんて、郵政造反を煽ったくせに、風向きが悪くなると、コロッと態度を変えたカメレオン議員を地で行く人。全然九州男児らしくないよね。大仁田のファイアーは今は風前の灯火っていうか、もうとっくに消えているのか。あまり私は賢くないので、掲げる政策の良し悪しをきっちり評価できないから、何よりも正直でわかりやすい政治家が好きです。

投稿: モトクロス | 2006年9月 4日 (月) 18時10分

ここには少し異論を唱えたいですが、僕は「正直でわかりやすい政治家」は、必ずしも評価したくないんですよね。と言うのも、それはどうしたって「作られたイメージ」でしかないから。
だから、きちんと「汚い本音も言える政治家」「わからない事をわからないと言える政治家」というのが、僕はマシかな、と思っています。
エラそうな事書いて、実は僕もよくわかってないんですよ。

投稿: ふくしまたけし | 2006年9月 8日 (金) 20時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 都市生活と琉球生活 | トップページ | 蕎麦という文化 »