2017年5月15日 (月)

今週の5月18日(木)は、Mitch Live !

Mitch20170518


今週イチオシのライブはこちら。
5月18日(木)、東京小岩の「Back in time」にて、トランペット&ボーカルのMitchさんと、ギターの富永寛之さんとのトリオ。

お二人とももう何回かご一緒させて頂いておりますが、そのたびにいつも「はああ、よくそんな強靭なリズムでツヤッツヤの美しい音でいけますなあ、はああ」と、良い意味で口があんぐりとなります。お二人とも「音楽の達人」です。ごく控え目に言って。


スタイルとしては、ニューオーリンズジャズの伝統的なフォーマットにのっとりながらも、自由自在に「自らの音楽」を展開されます。こういったスタイルに造詣の深い方から、あまり聴き馴染みない、という方までご満足頂けます。

ああ、楽しみ。

ですので、多くの方にお聴き頂ければと思っております。

平日の夜ではございますが、万障繰り合わせてお越し頂ければ幸いです。


宜しくお願い致します!

| | コメント (0)
|

2017年5月11日 (木)

金を払ってでも見に行きたい方々との共演

昨日の登敬三さんとのデュオ、ご来場いただいた方々、ありがとうございました。


いやー、登さん、すごかったです。ほんっっっっとにすごかった。美しかった。一緒に演奏していて、最初はあまりのすさまじさに圧倒されましたが、途中からはその素晴らしい音楽に加担させて頂いている幸せを全身で享受させていただきました。思いっきりやりましたが、まだまだ。次に演奏させて頂ける時までに精進を続けないと。

登さんのライブ、客としても見に行きたいな。これまでにも何回も行ってるけど。また行きたい。


来週には、そんな「金を払って客としても見に行きたい(というか何度も見に行っている)」という方々とのライブがもう一本。場所は同じく小岩「Back in time」で、5月18日(木)。...

トランペット&ボーカルのMitchアニキと、ギターの富永寛之さん。

お二人とも音楽家としての技術が傑出しているのはもちろんなんですが、共通しているのが「見ているお客さんをとことんハッピーにさせる」ということ。稀有なレベルでそれをやってくれます。

これも是非見に来て頂きたい。必死のパッチでその音楽に加担させて頂きます。
5月18日(木)、20時からです。


宜しくお願い致します!

| | コメント (0)
|

2017年5月 8日 (月)

明後日5月10日は小岩「Back in time」で登敬三さん(サックス)とデュオ!

若干、ビビっている。
 
明後日5月10日(水)、小岩「Back in time」にて、サックスの登敬三さんとのデュオ。
 
音楽を始めて間もない頃、今から20年近く前に、亡くなった師市川修と登氏が共演されているのを見て度肝を抜かれた。「なんじゃこれは!エゲツなー!」と興奮した。衝撃的にカッコ良かった。
 
今年の1月に師の11年目の追悼イベントがあり、その時に登氏もご参加くださったのだが、ちょっと久しぶりに聴いたそのサックスは天衣無縫にして唯一無二、時に荒々しく、時に繊細に。抜群に魅力的だった。
その時に登氏から「東京で一緒にライブしようや」と声をかけて頂いた時には「え、良いんスか…」と少々呆気にとられてしまったが、その後に普段よりお世話になっている小岩の「Back in time」に出演の相談をしたりしている内にトントンと日取りが決まった。

で、明後日。5月10日。

そこに向けて着々と練習を重ねてはきたが、明後日。もう明後日。

全力で、登氏との初共演、挑みます。

素晴らしいサックスです。

是非観にいらして下さい。


19時開場、20時開演。ミュージックチャージ2500円です。

ちなみに今年の2月に登氏のCDについて書いた記事はコチラ

| | コメント (0)
|

2017年5月 1日 (月)

2017年5月&6月演奏スケジュール

GW、ワタクシ、わりかし暇です。なのでひたすら練習です。色々とライブもありますし。
是非観に来てくださいませ!


《2017年5月演奏スケジュール》


5月2日(火) 東京岩本町 Eggman Tokyo
03-5829-6400
http://egg-mte.com/
「Eteセッション vol.68」
いつものノンジャンルセッションです。
*無料レンタルギター&無料レンタルベース有り!
electric piano:福島剛 bass:ヤマチハ drums:南たけし
19:00~start  
music charge:1540円(+2drink 1000円)
※女性のお客様に限り1ドリンク2060円でもご入場いただけます。


5月8日(月) 東京池袋 ばがぼんど
03-3983-9109
http://www.vagabond.jp/
vocal:Shino piano:福島剛
グランドピアノが置いてある池袋の洋風居酒屋で、ボーカルのShinoさんとデュオ。23:00までたっぷり4ステージやります。
19:30~start music charge:no charge


5月10日(水) 東京小岩 Back in time
03-3659-0351
http://www.bqrecords.net/backintime.htm
「登敬三・福島剛 Duo」
sax:登敬三 piano:福島剛
関西ナンバー1のサックス奏者、「渋さ知らズ」などでも有名な登敬三さんが小岩にやってきてくれます。唯一無二の熱いインプロビゼーションを是非ご体感ください。
20:00~start  music charge: 2500円


5月12日(金) 神奈川野毛 Junk
045-242-1433
vocal:aya Sueki sax:HAL 斉藤 bass:野々口毅 drums:南たけし piano:福島剛
横浜方面で久しぶりにライブです。アヤちゃんと。バンドはいつものようにタケシーズです。もう一人、強力な共演者、サックスのハルさん。大御所なのに、若手に負けない溌剌とした演奏。素晴らしいです。
20:00~start 入場料:1000円


5月17日(水) 東京亀有 Jazz 38
03-3690-8363
http://www.jazz38.tokyo.jp/
「Jam Session」
piano:福島剛 bass:小高敏志
サンパチセッション、火曜の昼開催バージョンです。ベースは小高さん。たくさん演奏して頂けるように、ホストの休憩は少なめで頑張ります!
13:00~start  music charge:Aコース3400円(参加費2500円+ランチメニュー900円)、Bコース3000円(参加費2500円+1アルコール500円)


5月17日(水) 東京小岩 Back in time
03-3659-0351
http://www.bqrecords.net/backintime.htm
「福島剛の歌声酒場 vol.12 (ジャズボーカル中心のジャムセッションです)」
piano:福島剛 bass:木田浩卓
二月と三月と四月だけは第二水曜日夜のワタシが仕切りのボーカルセッション。ボーカルの方がメインですが、もちろん楽器の方もご参加いただけます。歌の伴奏は実に楽しいので、それも一緒に勉強しましょう。第十二回目のベーシストは木田くんです。
19:30~start  music charge: 1800円


5月18日(木) 東京小岩 Back in time
03-3659-0351
http://www.bqrecords.net/backintime.htm
「Mitch Special Live vol.13」
trumpet & vocal:Mitch guitar:富永寛之 piano:福島剛
底抜けにハッピーでファンキーなニューオーリンズ系トランぺッターMitchさんがまたまた小岩に。ギターの名人富永寛之さんと共に。もう、嫌なことも何もかも忘れて楽しんじゃってください!
20:00~start  music charge: 2500円


5月23日(火) 東京池袋 ばがぼんど
03-3983-9109
http://www.vagabond.jp/
vocal:池田聖子 piano:福島剛
グランドピアノが置いてある池袋の洋風居酒屋で、ボーカルの池田聖子さんとデュオ。23:00までたっぷり4ステージやります。
19:30~start music charge:no charge


5月26日(金) 京都先斗町 Stardust Club
075-221-2505
http://stardustclub.jimdo.com/
vocal:市川芳枝 bass:村田博志 piano:福島剛
京都のディープスポット「Stardust Club」で、芳枝はんのディープな歌と。ベースは二回目の村田さん。
20:00~start music charge:2000円


5月27日(土) 京都高野 むーら
075-703-0120
http://jazzmurra.exblog.jp/
vocal:市川芳枝 bass:鶴賀信高 piano:福島剛
市川芳枝さん2days二日目。ベース鶴賀くんと。楽しみです。
19:00~start music charge: 2800円(予約)/3300円(当日)


5月29日(月) 東京池袋 ばがぼんど
03-3983-9109
http://www.vagabond.jp/
vocal:千葉陽子 piano:福島剛
グランドピアノが置いてある池袋の洋風居酒屋で、ボーカルの千葉陽子さんとデュオ。23:00までたっぷり4ステージやります。
19:30~start music charge:no charge


5月31日(水) 東京亀有 Jazz 38
03-3690-8363
http://www.jazz38.tokyo.jp/
「Jam Session」
piano:福島剛 bass:木田浩卓
サンパチセッション、水曜の昼開催バージョンです。ベースは木田くん。たくさん演奏して頂けるように、ホストの休憩は少なめで頑張ります!
13:00~start  music charge:Aコース3400円(参加費2500円+ランチメニュー900円)、Bコース3000円(参加費2500円+1アルコール500円)


5月31日(水) 東京小岩 Back in time
03-3659-0351
http://www.bqrecords.net/backintime.htm
「タケシーズセッション」
piano:福島剛 electric bass:野々口毅 drum:南たけし
ジャズセッションを基調にした何でもアリ系ジャムセッション。朗読からダンスまで。即興演奏のフォーマットにのっとっていれば何でもアリです。MVP賞アリ(BITカレーライス無料券)。
19:30~start  music charge: 2000円


《2017年6月演奏スケジュール》


6月1日(木) 東京岩本町 Eggman Tokyo
03-5829-6400
http://egg-mte.com/
「Eteセッション vol.69」
いつものノンジャンルセッションです。
*無料レンタルギター&無料レンタルベース有り!
electric piano:福島剛 bass:ヤマチハ drums:南たけし
19:00~start  
music charge:1540円(+2drink 1000円)
※女性のお客様に限り1ドリンク2060円でもご入場いただけます。


6月9日(金) 東京小岩 Orpheus
03-5622-3520
http://www.orpheusrecords.jp/livetheater/
「Rockin' Jam」
vocalとか:村松ショータロー guitarだけ:浅井誉司 guitarとか:落合伸彦 drumsとか:南たけし keyboardとか:福島剛
6月9日は「ロックの日」ということで、毎年恒例のロッキンジャムです。ロックをやりましょう。みなさんで。
19:30~start  music charge:1500円(+1オーダー)


6月21日(水) 東京小岩 Back in time
03-3659-0351
http://www.bqrecords.net/backintime.htm
「福島剛の歌声酒場 vol.13 (ジャズボーカル中心のジャムセッションです)」
piano:福島剛 bass:野々口毅
第三水曜日夜のワタシが仕切りのボーカルセッション。ボーカルの方がメインですが、もちろん楽器の方もご参加いただけます。歌の伴奏は実に楽しいので、それも一緒に勉強しましょう。第十三回目のベーシストはノノさんです。
19:30~start  music charge: 1800円


6月22日(木) 東京小岩 Back in time
03-3659-0351
http://www.bqrecords.net/backintime.htm
「日野林晋・福島剛 Duo」
sax:日野林晋 piano:福島剛
素晴らしいサックス奏者日野林晋氏とのデュオ。今回はここで演奏するために何曲か曲を書きおろしてみようと思っています。(←宣言しとかないと書ける気がしない)
20:00~start  music charge: 2500円


6月27日(火) 東京池袋 ばがぼんど
03-3983-9109
http://www.vagabond.jp/
vocal:池田聖子 piano:福島剛
グランドピアノが置いてある池袋の洋風居酒屋で、ボーカルの池田聖子さんとデュオ。23:00までたっぷり4ステージやります。
19:30~start music charge:no charge

| | コメント (0)
|

2017年4月30日 (日)

カバーでもコピーでもないと思いながらやっている

我々は普段からジャズスタンダードと呼ばれる曲を弾くことが多い。

様々な素晴らしい名曲たちを、分析し、練習し、瞬間瞬間に頭に浮かび上がるアイディアを即興的に具現化できるように毎日訓練を積む。

うまくいくこともあればいかないこともある。いかないことの方が多い。

それを、カバーとか、コピーって言われちゃうとなあ。

何だか悲しいし、腹立たしい。

そんなことがありましてね。

ま、言った当人には悪気はないんだろうから良いけどさ。

私は、ジャズに人生を捧げることを既に決めている。色々と不確かなことばかりの中で、これだけは確かだ。

もっともっと、練習して、ジャズの真髄に少しでも近付きたい。

遠いなあ、しかし。頂(いただき)が…

| | コメント (0)
|

2017年4月25日 (火)

テクニック覚え書き

先ほどのレッスンで久しぶりにフィニアス・ニューボーン・Jr.というピアニストのレコードを聴いて、そのあまりの音楽性の高さとそれを支えるテクニックの高さに舌を巻いた。

普段より人生だけにのみならず、ピアノ演奏においても多くのミスを犯している私がどのツラを下げてそんな事を言うのだと多方面からお叱りを喰らいそうだが、ピアノのテクニックということについて書いてみる。
どのツラ下げて言うんだ、って、このツラ下げて言うんだよ、実際的な意味でも比喩的な意味でもデカいツラを下げて。

現状で私が考えているピアノ演奏におけるテクニックとは、端的に言ってしまえば
・狙った鍵盤の上に素早く指を移動させる
・上は上でも、鍵盤のなるべく中心に近い部分、それからなるべく手前の部分に指を移動させる
・移動させたその指を、身体の脱力によって重みを解放し、狙ったタイミングで狙ったスピードで鍵盤の下まで落としていく
・スピードの調節は身体の脱力で、ハンマーに伝わる衝撃は指と手首をどれだけ柔らかくするか(or硬くするか)によって調節する
・落とし終わった後は、伸ばしたい長さの分だけそこに指を置きつつも、次の動きに対してスムーズな動きに繋がるように軸の中心を整える


以上の動きを繋がり続けるグルーヴの中でいかに正確に行えるか、ということが、すなわちテクニックである、と私は考えている。あ、足のペダルのテクニックはここでは触れていないけれど。

前述のフィニアス・ニューボーン・Jr.やバド・パウエル、オスカー・ピーターソンやアート・テイタム、キース・ジャレットやハービー・ハンコック、他にも枚挙に暇がないが、一流のピアニストたちのこれらのテクニックの高さは、実に凄まじい。人によっては「テクニックがない」なんて意見を聞くことすらあるセロニアス・モンクは、実はこういった観点で見ると超テクニシャンでもある。

練り上げに練り上げた音楽性を、こういったテクニックが支え、凄まじい音楽が展開されるのを目(耳)にするたびに、心を強く揺さぶられる。そういった音楽は、奇跡的な行為だ。

少しずつやるしかないのだ。一つ一つ確認して、間違いを正して。

あー、もっともっとピアノが上手くなりてえなあ。

ほんでもって、良いライブがしたいなあ。

今週は結構あれこれと演奏をする機会があります。
全部、全力で頑張ります。

4月25日(火)池袋「ばがぼんど」 w/千葉陽子(vo) 19:30~
4月26日(水)六本木「Hard Rock Cafe」 w/aya Sueki (vo) Nori(篠笛) 野々口毅(eb) 南たけし(ds) 20:00~
4月28日(金)市川「O'D Diner」 w/ちゅんこ(vo) 20:30~
4月29日(土)瑞江「ホットコロッケ」 ソロピアノ(従姉妹の主催するチャリティライブです。19時ぐらいから10分ほどの出演です)

| | コメント (0)
|

2017年4月18日 (火)

過程が大事

割りと全ての物事に対して「結果が全て」とはほとんど思っていなくて、その逆、「過程が全て」と考えているフシがある。

成功や失敗などという「結果」は、かなり運否天賦なところがあって、いちいちそこで一喜一憂しないように、なるべく心がけている。それでもやっぱり結果を欲しがってしまう瞬間というのは多いのだけれど。

先日、私のピアノ教室の一門会、発表会があった。

参加者は16名。皆それぞれに努力し、結果、良い演奏になった。
ミスの少なかった人もいれば、普段よりもミスの多かった人もいた。音楽においてはミスは多いよりも少ない方が良いのは確かなので、そこでミスが多かったことを気にやむ気持ちは私もよくわかる。
けれどそれも所詮は「結果」に過ぎない。

やはり私がそこで最重要視したいのは、何を積み重ねてきたか、という「過程」なのである。

極度の緊張のあまりつまらないミスをしてしまうようなことは私にだってたくさん経験がある。けれど、そこまで積み重ねてきたものさえあれば、一つや二つのミスで音楽は崩壊しない。「決して間違いたくない、ミスを犯したくはない」と考えながら日々歯を喰いしばって重ねてきた練習が、自らを助けてくれる。
局所的に見ればそのミスは許されざるものかも知れないが、それ以外の部分に日々の努力がきちんと反映される。

また、「自分がどう弾くか」ということなんてどうでも良い、とまでは言わないが、そこに囚われ過ぎるのもどうなのだろう、と思う。共演者や聴き手、つまり「相手」の存在する行為の中において、自らの行動がどうあるかと同じぐらい相手の行動がどうあるかということは大事なはずだ。自分の発言はどう捉えられているのか、それに対してどういうレスポンスが返ってきているのか。共演者や聴き手を慮(おもんばか)ることは、コミュニケーションの中では非常に大切だ。

究極的な意味で言えば、音楽というものの目的地として「それを通じて少しでも良い人間になる」という所を私は設定している。
自らの内側を見つめて、何が言いたいのかを考える。そしてそれを表現するのに然るべき技術を日々の訓練の中で身に付ける。また、それと同時に自らとは出自の異なる他者を思う。差異こそが創造の源泉であることを理解し、互いを尊重して、高めあう。
そういうことを繰り返しているうちに、少しずつ「良い人間」に近づいていくのではないかなあという気がしている。

良く見られたいという自尊心、誉められたいという承認欲求は私の中にも多くあるし、それらが全て悪いとは思わない。しかし、そういったものから解き放たれてもっともっと精神的に自由になることこそが、音楽の究極的な目標なのだ。私の場合。

で、そうなる為にはとにかく練習しかねえんだよなあ、音楽の場合。
だから、結果よりも過程が大事。
ちなみに私は一本筋の通ったナマケモノなので、すぐにサボります。サボらないようにします。

さて、本日4月18日は亀有「Jazz 38」でジャムセッション。ドラム手塚恭子さんに、ベースは水橋GON孝御大!すっごい勉強になるんです、GONさんと演奏するの。で、エキサイティングで楽しいし。
是非皆さまも遊びにきて下さい。
13:00からです!

| | コメント (0)
|

2017年4月16日 (日)

本日一門会!

本日一門会!
本日はこちらです。一般の観覧も可能です。是非応援にきてください。私も最後に一曲だけ弾きます。一曲ですが、頑張ってくれる生徒やサポートミュージシャンへの感謝の思いで、心を込めて弾かせて頂きます。
宜しくお願い致します。

| | コメント (0)
|

2017年4月14日 (金)

明日と明後日

明日と明後日は私ががっちりと演奏をするわけではないのですが、がっちりと関わってはいるイベントに参加致します。

明日4月15日(土)は、小岩の「ライブシアターオルフェウス」にて「アコースティックナイト」。こちらに村松ショータローさんと司会で参加致します。最初に一曲だけショータローさんと演奏して、その後「コニシヒロミ&舘野茂樹」でベースを弾きます。バラエティ豊かな参加者が素晴らしいパフォーマンスを繰り広げてくださると思います。16:00開場、16:30開演です。

そしてその翌日、4月16日(日)は、小岩「Back in time」で「福島剛ピアノ教室一門会」です。発表会です。半年以上前から準備してまいりました。...
サックス日野林晋さん
ベース飯田雅春さん
ドラム南たけしさん
という素晴らしいメンバーのサポートを得て、私の生徒たちが炸裂致します。私も最後に一曲だけ私の自作曲を演奏致します。
12:30開場、13:00開演です。終演後にはすぐ隣の「居酒屋のんくん」で打ち上げもあります。どなたでもご参加いただけます。美味しいビールを呑もうと思います。
いやね、手前味噌になるんですが、みんなすごく頑張ってくれてて、めっちゃ良い感じに仕上がってきてるんですよ。すっげー楽しみです。生徒の皆さんの演奏を聴くの。
ミュージックチャージが500円かかりますが、どなたでもご覧頂けますので、是非渾身の演奏を聴きに来てください。

頑張るぞー!!

| | コメント (0)
|

2017年4月10日 (月)

島崎智子さん、すごい

レッスンの合間に池袋のネットカフェにきてだらだらとしております。

youtubeで島崎智子さんというシンガーソングライターの動画を貪るように見まくっております。
すごい。いや、この人ほんとにすごい。
ピアノと歌の弾き語りなのですが、歌はもちろん良いのだけれど、ピアノもものすごく良い。すごいなあ。...
早くライブで見たい。

今日からは私も三日続けてピアノを弾くお仕事があります。ありがたいことです。
4月10日(月)池袋「ばがぼんど」w/千葉陽子(vo) 19:30~
4月11日(火)岩本町「Eggman Tokyo East」 w/野々口毅(eb) 南たけし(ds) 19:00~ノンジャンルセッション
4月12日(水) 小岩「Back in time」 w/ヤマチハ(b) 19:30~ボーカル中心セッション

実は言いたいことがたくさんある今日この頃ですが、言ったらまた色んな方面からお叱りを受けるのは目に見えてるので、我慢しときます。
我慢しきれずに一言だけ言うと、「トランプふざけんな」。
あともういっこだけ言うと、それを「評価します」って何だよ。
わりかし怒ってます。

怒ってばかりいるといけないので、最後には島崎智子さんの動画を勝手に貼り付けておきます。

https://www.youtube.com/watch?v=najOTVp4xpo

| | コメント (1)
|

«諦観と覚悟