2019年3月18日 (月)

3月18日小岩「Back in time」登敬三(sax)デュオ

3月18日小岩「Back in time」登敬三(sax)デュオ
本日3月18日(月)はコチラです。

とてもとても観てほしいライブです。宜しければ是非足をお運びくださいませ。

20時からです。

| | コメント (0)
|

2019年3月15日 (金)

今度の月曜日はサックスの登さんと

20190318noboriduo


来週の月曜日、これですよ。これ。

サックスの登敬三さんとのデュオです。

この人ね、登敬三さんね、マジですごいです。熱くて、美しくて、強靭で、繊細です。

そういう人とアンサンブルを作れるっていうのは本当に幸せで。

何が言いたいかと言うと、見に来てほしいというそういうことです!

3月18日(月)、小岩「Back in time」にて、20:00からです!

是非に!

(2019 vol.21)

| | コメント (0)
|

2019年3月 7日 (木)

3月8日小岩「Back in time」歌声酒場

明日3月8日(金)は、小岩「Back in time」で歌声酒場です。

毎月第三水曜日にやらせてもらっていますこちらの企画ですが、今月のみ諸事情により金曜日である明日の開催です。

ベース木田浩卓氏と。19:30から。

ジャズを主軸にしたボーカルセッションですが、前回などは半分くらいはその他のジャンルの曲でした。譜面持ってきてもらえれば、ぼくらが譜面をガン見しながら何とかどうにかこうにかしますので、「こんな曲やって良いかな…」というご心配をなさらずに是非お気軽にどうぞ。ダメな時はダメって言いますけど。さだまさしの「親父の一番長い日」とかダメです。あれ、最低でも15分かかりますしね。完奏するのに。いや、好きなんだけど。後半の「ある日一人の若者が我が家に来てお嬢さんをぼくにくださいと言った」以下のくだりとかね。泣けますよ。

また、ボーカル以外の楽器の方も歓迎です。楽器の方が多かったらインスト曲もやりましょう。

さだまさしも「親父の一番長い日」以外でしたら、「風に立つライオン」でも「フレディもしくは三教街」でも「建具屋カトーの決心」でも何でもOKです(全部長いがな)。

皆様のご参加をお待ちしております!

兄貴としてー、んーんー。

| | コメント (0)
|

2019年3月 3日 (日)

連絡とりづらくなっております、のお知らせ

急に携帯の電源が入らなくなりました。少なくとも明日一杯は携帯電話のない生活となりそうです。

私に連絡の必要がある、という方は大変お手数ですが、

africanpiano☆gmail.com
(☆を@に変えてください)
までご連絡お願い致します。

こちら、パソコンのある環境でのみ使用可能ですので、常に連絡が取れる訳ではないのですが。とりあえずクソ重いノートパソコンは持ち歩いてみます。それでもwi-fi環境でしか見れませんけれど。

ご迷惑おかけしますが、宜しくお願いいたします。

| | コメント (1)
|

2019年2月28日 (木)

2019年3月&4月演奏スケジュール

20190318noboriduo


お金を落としました。フクシマです。

自分を納得させるために
・財布でなくて良かった
・また働いて稼げば良い
・そのお金を拾った人がお金を遣うことで経済が回る
・そもそもお金なんてものに縛られているなんて貧しい考えじゃないか

などと論理を色々と飛躍させていますが、そんなもん凹むに決まってんだろ。

頑張って働きます。仕事があるのはありがたいことです。

3月と4月の演奏スケジュールです。載せてないですけど、楽しみな営業仕事なんかもあります。

もっと上手になりたいなあ。


《2019年3月演奏スケジュール》

3月7日(木) 東京亀有 Jazz 38
03-3690-8363
http://www.jazz38.tokyo.jp/
「Jam Session」
piano:福島剛 bass:藤田耕平
サンパチセッション、木曜の昼開催バージョンです。ベースは藤田さんです。
12:30~start  music charge:2500円(+1ドリンクオーダー)


3月8日(金) 東京小岩 Back in time
03-3659-0351
http://www.bqrecords.net/backintime.htm
「福島剛の歌声酒場 vol.34 (ジャズボーカル中心のジャムセッションです)」
piano:福島剛 bass:木田浩卓
毎月第三木曜日にやっている歌声酒場ですが、3月だけはこの日程です。ボーカルの方がメインですが、もちろん楽器の方もご参加いただけます。第三十四回目のベーシストは木田くんです。
19:30~start  music charge: 1800円


3月14日(木) 東京池袋 ばがぼんど
03-3983-9109
http://www.vagabond.jp/
vocal:池田聖子 piano:福島剛
グランドピアノが置いてある池袋の洋風居酒屋で、ボーカルの池田聖子さんとデュオ。23:00までたっぷり4ステージやります。
19:30~start music charge:no charge


3月18日(月) 東京小岩 Back in time
03-3659-0351
http://www.bqrecords.net/backintime.htm
「登敬三・福島剛 Duo」
sax:登敬三 piano:福島剛
ワンアンドオンリー、最高のサックス奏者登敬三さんとのデュオです。
20:00~start  music charge: 2500円


3月21日(木祝) 千葉本八幡 cooljojo
080-2624-0879
https://www.cooljojo.tokyo/
「HABUBAN Live vol.7」
drums:羽生一子 bass:飯田雅春 vocal:鈴木麻美 piano:福島剛
Special Guest:天野丘(guitar)  
2018年より始動しております、ドラマー羽生一子さんのプロジェクト「HABUBAN」。第七回目のこの日は本八幡の新たな名店「cooljojo」にて。昼公演です。スペシャルゲストにギタリストの天野丘さんを迎えて。
15:00~start  music charge: 3000円


3月22日(金) 東京池袋 ばがぼんど
03-3983-9109
http://www.vagabond.jp/
vocal:池田聖子 piano:福島剛
グランドピアノが置いてある池袋の洋風居酒屋で、ボーカルの池田聖子さんとデュオ。23:00までたっぷり4ステージやります。
19:30~start music charge:no charge


3月27日(水) 千葉市川 O'd Diner
0120-12-5906
http://www.upwel.com/bar/
ジャズスタンダードやポップスを中心にやっています、ちゅんこちゃんとのデュオ。
vocal:ちゅんこ piano:福島剛
20:30~start music charge:投げ銭


3月28日(木) 京都三条 Sesamo
075-251-0858
http://sesamo.okoshi-yasu.net/
「Sesamo open jam session」
vocal:市川芳枝 bass:村田博志 drums:大江秀明 piano:福島剛
京都ジャズシーン伝説の「セサモセッション」復活です。毎月最終木曜日に開催されます。私は奇数月の開催に参加致します。
20:00~start music charge:1000円


《2019年4月演奏スケジュール》


4月3日(水) 東京岩本町 Eggman Tokyo
03-5829-6400
http://egg-mte.com/
「Eteセッション vol.84」
いつものノンジャンルセッションです。
*無料レンタルギター&無料レンタルベース有り!
electric piano:福島剛 bass:上条貴史 drums:南たけし
19:00~start  
music charge:1540円(+2drink 1000円)
※女性のお客様に限り1ドリンク2060円でもご入場いただけます。


4月7日(日) 東京池袋 ばがぼんど
03-3983-9109
http://www.vagabond.jp/
vocal:千葉陽子 piano:福島剛
グランドピアノが置いてある池袋の洋風居酒屋で、ボーカルの千葉陽子さんとデュオ。23:00までたっぷり4ステージやります。
19:30~start music charge:no charge


4月11日(木) 東京池袋 ばがぼんど
03-3983-9109
http://www.vagabond.jp/
vocal:池田聖子 piano:福島剛
グランドピアノが置いてある池袋の洋風居酒屋で、ボーカルの池田聖子さんとデュオ。23:00までたっぷり4ステージやります。
19:30~start music charge:no charge


4月13日(土) 千葉志津 サウンドストリーム佐倉
043‐463‐5963
https://shizu-sound-stream.com/
詳細後述。コピーバンドのサポートです。


4月17日(水) 東京小岩 Back in time
03-3659-0351
http://www.bqrecords.net/backintime.htm
「福島剛の歌声酒場 vol.35 (ジャズボーカル中心のジャムセッションです)」
piano:福島剛 bass:野々口毅
第三水曜日夜のワタシが仕切りのボーカルセッション。ボーカルの方がメインですが、もちろん楽器の方もご参加いただけます。第三十五回目のベーシストはノノさんです。
19:30~start  music charge: 1800円


4月26日(金) 東京小岩 Orpheus
03-5622-3520
http://www.orpheusrecords.jp/livetheater/
「オルフェウスジャム」
vocalとか:村松ショータロー guitar:浅井誉司 keyboardとか:福島剛
恒例のオルフェウスジャムです。見るだけでも面白いです。面白くなかったら司会のぼくとショータローさんのせいです。
19:30~start  music charge:1500円(+1オーダー)


4月30日(火) 東京池袋 ばがぼんど
03-3983-9109
http://www.vagabond.jp/
vocal:池田聖子 piano:福島剛
グランドピアノが置いてある池袋の洋風居酒屋で、ボーカルの池田聖子さんとデュオ。23:00までたっぷり4ステージやります。
19:30~start music charge:no charge


(2019 vol.18)

| | コメント (0)
|

2019年2月26日 (火)

一人ゲネプロ大会

Dsc_0023


ただいまより一人ゲネプロ大会を開催します。

明日のこちらのライブの為に。

2月27日(水) 東京小岩 Back in time
03-3659-0351
http://www.bqrecords.net/backintime.htm
「ソロピアノ」
piano:福島剛
20:00~start  music charge: 2000円

どうやったら少しでも良くなるかなとか考えながらあれこれ準備するのは、本当に幸せな時間です。

満足のいくところ、なんていうのはありえませんけれど、やるだけやったら後は野となれ山となれ。

良かったら聴きにきてください!

(2019 vol.17)

| | コメント (0)
|

2019年2月24日 (日)

自分が「美味い」と思えるかどうか

自分が「美味い」と思えるかどうか
演奏活動と並行して日々レッスンなどもやっていて。

演奏と同様にレッスンの時にも「今日は現時点でのベストなレッスンが出来た」と思う時と、「今日のレッスンはイマイチだった」と思う時がある。

良かった時は良かったなりに「何故上手くいったのか」を探る。イマイチだった時も同様だ。なるべく打率は高くありたい。

レッスンの目的は大まかに言えば以下のような感じだ。
・目の前にいる他者が漠然と或いは明確に「このようになりたい」という希望を持っている
・現状のその人とその希望との間にある道のりを測定する
・現状で「できないこと」に関しては、何故できないのか、その原因を探る
・原因を探った上でその対策を練る
・現状で「できること」に対しては、その精度(正確性)を更に上げる方法を考える
・それらを、実行する
・欲を言えば、「こうなりたい」の上限値を上げる

大まかに言えばこんな感じ。

原因の部分に関して言えば、実は基礎練習のやり方をつぶさに観察していると気付く所が多い。なのでレッスンの際には必ず前半は基礎練習を目の前でやってもらうことに時間を割くのだが、そこで気付くことは多々ある。

初級編で起こりがちなこととして、「△7(M7、メジャーセブンス)」と「7(セブンス)」の混同ということがある。これはアルペジオの練習などを見ている時に「あれ?ひょっとしてセブンスのこと、マイナーセブンスって読み間違えてない?」というように気付く。実際「7(セブンス)」は「△7(メジャーセブンス)」から半音下がりであるので、そう呼びたくなるのもわからなくはないのだが、それはコードネームの呼び方としては混乱を招く原因になる。

他にも、基礎練習を観察することは非常に多くの発見に繋がる。曲を弾くときにはどうしても「表現」の部分に意識がいきがちで(それは大変に素晴らしいことだと思っている)、そうなるとフィジカル面でスムーズな動きを阻害している原因が見えにくくなる。

アルペジオ、スケール、リズムトレーニング等々、基礎練習は音楽をするための身体作りにはうってつけだと思う。私ももっと正確に基礎練習が出来るようになりたい。

少々話が横道に逸れた。

で、「今日は良いレッスンが出来た」という時と「今日はイマイチだった」という時の差というのは何かと言うと、私の中で思考が空回りしたり自分の感情的な部分が先行して、ロジカルになれない時は「良くない」と感じるし、そこがうまくハマる時には「今日はまあまあかな」となる。

目の前の相手により内容は全然変わるが、
・理解の出来る言語で
・明確な論理で
というところをずっと目標にしてやっている。
音楽を研究していくと非言語的な部分や抽象的な部分などざらにあることにはすぐに気付くが、レッスンの中でそこを安易に持ち出すのは私の中では「逃げ」だと思っている。

レッスンで提示する練習に関しても私の中ではルールがあって、自分がその練習をある程度の期間に渡って実践し、その練習の構造、目的や注意点などを理解した上でないと伝えられないということだ。つまり、私が練習しないことにはレッスンは出来ない。人づてに聞いただけで自分で実践したことのない話にリアリティを持たせられるほど私は優秀ではない。自分の身体を使って実験しないことにはわからない。実験失敗もたくさんある。それで良いのだ。失敗しながら当面の正解を探り続けたい。

レッスンに関しては、「現状でのベスト」を毎日更新したい。そのためには私自身が勉強し研究し、実践していく以外の方法論には今のところ賛同しがたい。


さて、この私自身が感じている「良いレッスンが出来た」あるいは「今日のおれはカスだった死んだ方がいい」という実感は、恐らく生徒の「今日のフクシマのレッスンはわかりやすかった」あるいは「今日のフクシマは何を言ってるかさっぱりわからなかった」という感想とは多かれ少なかれ乖離していると思う。私が「これはうまいこといったな」と思っても生徒はそうでもないことはあり得るだろうし、その逆もあり得るだろう。

もうこればっかりは仕方がないと思っている。食事における味付けの好みみたいなものもあるだろうし。

では何が大切かと言えば、食事に例えて言えば、自分が心底から「美味い」と思えるものを出すかどうかだ。そしてその「美味い」に対する探求を日々怠らないことだ。

レッスンで「ダメなレッスンしたなあ」は、ダメなのだ。原因は生徒にはない。全て自分にある。

で、当たり前の話なのだが、演奏がまさにそうだ。自分が「良い」と心から思えるものを、誠実に、手間ひまをかけて届けて。

その結果どう思われるかばかりを気にしていても仕方がない。受け入れられるかられないかはその時々だ。

安易なインスタントに逃げるのはやめよう。

ちゃんとやろう。

そんな思いで本日後半戦のレッスンも頑張ります。本日は一日レッスンの日なのです。


冒頭のチラシは来週のソロピアノのチラシ。

ここで自分が心底「美味い」と思えるものが出せなくてどうする、ってやつですな。

頑張ります。

| | コメント (0)
|

2019年2月17日 (日)

自作小林幸子

最近は「極力飲み歩かない月間」を過ごしております。

飲み歩かずに、帰りに100均などに寄り、こんなものを買って帰ったりしております。

1550317221670


マニキュアですね。そしてスパンコール。ペンチ。ボンドなど。

マニキュアですが、もちろん自分で塗るわけではございません。そこまで変態道に精を出してはおりません。

釣り具のオモリに塗るんですね。コーティングの為に。

それからスパンコールですが、このように使います。

1550331473885

わかりますか。ギラギラです。小林幸子です。この幸子をマニキュアによってコーティングしたオモリと組み合わせるとこうなります。

1550327030383


オモリが幸子により紅白歌合戦のギンギラギンにさりげない仕様となります。

これが水中に入れば、魚たちは「うほっ!幸子!おもいで酒!」となり、ぱっくんちょしてくるだろうという、そういう算段です。もう釣れたも同然ですな。

釣りも今は我慢の時期なのですが。

飲みにも行かず、釣りにも行かず、チマチマ家で釣り具なんかを自作しているのにも理由がありまして、今月はとても久しぶりにピアノの独奏、ソロピアノをやるのですね。

それの為にたくさん練習はしたい。しかしそれ以外の仕事もあるので、毎日早起きして色々な仕事を前倒し前倒しで片付けて、空いた時間は全てソロピアノの為の練習時間に割いて、というようにしています。

飲みに行ってしまうと楽しくなってしまって時間がばしばし過ぎていく上に、やはり多少トシなのでしょうか、翌朝がしんどいのですね。午前中をだらだらとおふとんの中で過ごしてしまい、やっと動き出すのが正午過ぎ、なんてことになりかねません。家で釣り具を自作しながら缶チューハイでもちびちびとやっておりますと一時間少々釣り具を作った辺りで眠くなってきて、早めの時間に就寝、翌日も朝からフルに動けるということなのです。

ということでここのところはレッスンをしたり演奏仕事に行ったりしている以外は、今後の演奏現場の譜面を書いたりそれを練習したり、レッスンの為の教材作成や研究をしたりしながら、多めに残らせた時間で基礎練習と作曲、作曲のリアレンジ、そして曲の練習という毎日を送っています。家に帰ったら小林幸子を自作したりしています。

ソロピアノのチラシはこちらです。

48421041_2044668552242743_834038098

少しでも高いところに行けますように。まだあと一週間ぐらいありますけど、全力で毎日を過ごします。

終わったら一回ぐらいは釣りに行きますよ。そりゃあ行きますよ。行くに決まってんだろ。


(2019 vol.15)

| | コメント (0)
|

2019年2月 6日 (水)

2月7日(木)亀有「38」→岩本町「ETE」セッション二本立て

明日2月7日(木)は、昼と夜のジャムセッション二本立てという珍しい日です。

昼は12:30から亀有の「JAZZ38」にて、ベースの木田浩卓くんと。

夜は19:00から岩本町の「Eggman Tokyo East」でベースのヤマチハさんとドラムの南たけしさんと。

一期一会のジャムセッション。明日はどんな演奏が出来るかな。

一緒にたくさん演奏しましょう。昼の部も夜の部も皆様のご参加をお待ちしております!

(2019 vol.14)

| | コメント (0)
|

2019年2月 2日 (土)

2019年2月&3月演奏スケジュール

48421041_2044668552242743_834038098


今月は久しぶりにソロピアノもやります。2月と3月の演奏スケジュールです。



《2019年2月演奏スケジュール》

2月7日(木) 東京亀有 Jazz 38
03-3690-8363
http://www.jazz38.tokyo.jp/
「Jam Session」
piano:福島剛 bass:木田浩卓
サンパチセッション、木曜の昼開催バージョンです。ベースは木田くんです。
12:30~start  music charge:2500円(+1ドリンクオーダー)


2月7日(木) 東京岩本町 Eggman Tokyo
03-5829-6400
http://egg-mte.com/
「Eteセッション vol.83」
いつものノンジャンルセッションです。
*無料レンタルギター&無料レンタルベース有り!
electric piano:福島剛 bass:ヤマチハ drums:南たけし
19:00~start  
music charge:1540円(+2drink 1000円)
※女性のお客様に限り1ドリンク2060円でもご入場いただけます。


2月10日(日) 東京池袋 ばがぼんど
03-3983-9109
http://www.vagabond.jp/
vocal:千葉陽子 piano:福島剛
グランドピアノが置いてある池袋の洋風居酒屋で、ボーカルの千葉陽子さんとデュオ。23:00までたっぷり4ステージやります。
19:30~start music charge:no charge


2月14日(木) 東京小岩 Orpheus
03-5622-3520
http://www.orpheusrecords.jp/livetheater/
「バレンタインセッション」
vocalとか:村松ショータロー guitar:浅井誉司 keyboardとか:福島剛
年末恒例のオルフェウス歌合戦です。見るだけでも面白いです。面白くなかったら司会のぼくとショータローさんのせいです。
19:30~start  music charge:1500円(+1オーダー)


2月18日(月) 東京池袋 ばがぼんど
03-3983-9109
http://www.vagabond.jp/
vocal:池田聖子 piano:福島剛
グランドピアノが置いてある池袋の洋風居酒屋で、ボーカルの池田聖子さんとデュオ。23:00までたっぷり4ステージやります。
19:30~start music charge:no charge


2月20日(水) 東京小岩 Back in time
03-3659-0351
http://www.bqrecords.net/backintime.htm
「福島剛の歌声酒場 vol.33 (ジャズボーカル中心のジャムセッションです)」
piano:福島剛 bass:野々口毅
第三水曜日夜のワタシが仕切りのボーカルセッション。ボーカルの方がメインですが、もちろん楽器の方もご参加いただけます。第三十三回目のベーシストはノノさんです。
19:30~start  music charge: 1800円


2月21日(木) 東京四谷 Blue Heat
03‐3355‐7799
http://blueheat.jp/
vocal & guitar:齊藤G秀明 bass:金田洋一 drums:藤井マサユキ keyboard:福島剛
ブルースやります。初めて行くお店ですが、スケジュール見たら懐かしい名前やよく知った名前がたくさんあって。
20:00~start music charge:1500円


2月27日(水) 東京小岩 Back in time
03-3659-0351
http://www.bqrecords.net/backintime.htm
「ソロピアノ」
piano:福島剛
久しぶりにソロピアノやります。自分の中にある音楽と、それから自分自身と。逃げずにきちんと向かい合ってみます。
20:00~start  music charge: 2000円



《2019年3月演奏スケジュール》


3月8日(金) 東京小岩 Back in time
03-3659-0351
http://www.bqrecords.net/backintime.htm
「福島剛の歌声酒場 vol.34 (ジャズボーカル中心のジャムセッションです)」
piano:福島剛 bass:木田浩卓
毎月第三木曜日にやっている歌声酒場ですが、3月だけはこの日程です。ボーカルの方がメインですが、もちろん楽器の方もご参加いただけます。第三十四回目のベーシストは木田くんです。
19:30~start  music charge: 1800円


3月14日(木) 東京池袋 ばがぼんど
03-3983-9109
http://www.vagabond.jp/
vocal:池田聖子 piano:福島剛
グランドピアノが置いてある池袋の洋風居酒屋で、ボーカルの池田聖子さんとデュオ。23:00までたっぷり4ステージやります。
19:30~start music charge:no charge


3月18日(月) 東京小岩 Back in time
03-3659-0351
http://www.bqrecords.net/backintime.htm
「登敬三・福島剛 Duo」
sax:登敬三 piano:福島剛
ワンアンドオンリー、最高のサックス奏者登敬三さんとのデュオです。
20:00~start  music charge: 2500円


9月1日(土) 千葉本八幡 cooljojo
080-2624-0879
https://www.cooljojo.tokyo/
「HABUBAN Live vol.7」
drums:羽生一子 bass:飯田雅春 vocal:鈴木麻美 piano:福島剛
Special Guest:天野丘(guitar)  
2018年より始動しております、ドラマー羽生一子さんのプロジェクト「HABUBAN」。第七回目のこの日は本八幡の新たな名店「cooljojo」にて。昼公演です。スペシャルゲストにギタリストの天野丘さんを迎えて。
15:00~start  music charge: 3000円


3月22日(金) 東京池袋 ばがぼんど
03-3983-9109
http://www.vagabond.jp/
vocal:池田聖子 piano:福島剛
グランドピアノが置いてある池袋の洋風居酒屋で、ボーカルの池田聖子さんとデュオ。23:00までたっぷり4ステージやります。
19:30~start music charge:no charge


3月27日(水) 千葉市川 O'd Diner
0120-12-5906
http://www.upwel.com/bar/
ジャズスタンダードやポップスを中心にやっています、ちゅんこちゃんとのデュオ。
vocal:ちゅんこ piano:福島剛
20:30~start music charge:投げ銭


3月28日(木) 京都三条 Sesamo
075-251-0858
http://sesamo.okoshi-yasu.net/
「Sesamo open jam session」
vocal:市川芳枝 bass:村田博志 drums:大江秀明 piano:福島剛
京都ジャズシーン伝説の「セサモセッション」復活です。毎月最終木曜日に開催されます。私は奇数月の開催に参加致します。
20:00~start music charge:1000円

| | コメント (0)
|

«作品