2020年5月25日 (月)

私にとって必要なもの、不必要なもの。あなたにとって必要なもの、不必要なもの。

久しぶりにブログでも書いてみる。

このコロナ騒動の煽りを受けて閉店に追い込まれるジャズクラブやライブハウスが幾つも出ていると聞く。

寂しい思いや悔しい思いもある。またそういうお店は私たち演奏家の「職場」的な面もある。実質的に困る、というのもある。

一つ、個人的な結論としては「店が潰れてほしくない、何とかしたい」である。


東京都からの休業要請にも優先ランクがあるようで、音楽系のお店はその最下層、最も優先されない位置にいる。
このままいけばジリ貧で体力が尽きてジ・エンドという所も少なくないだろう。各所、クラウドファンディングやグッズ販売、テイクアウトのランチ営業を始めたりしながら生き残りの知恵を絞っている。
また、休業要請の緩和に向けた署名などもネットを中心に広がっている。良いことだと思う。
実際、いわゆるロック系のライブハウスと我々が主戦場にしているジャズ系のお店では事情もだいぶ異なるし「音楽系のお店」を十把一絡げにして休業!と断ずるのはどうかなとは思うのだが、おそらくそこまでの詳細な実情把握には時間を割けないのだろう。

現状についてのまとめだ。
・音楽系のお店はほぼ全て休業状態にある
・各所生き残りの知恵を絞っている
・都の休業要請の優先順位は最下位
・それに対しての反対署名などが盛り上がっている

ということである。

以上のことに対して私は音楽の現場で働くいわば「音楽組合」の一員なので、もちろんお店が持ちこたえてほしいし私たちに演奏の場が戻ってきてほしいしレッスンやレコーディングもできるような状態に戻ってほしい、また音楽によって金銭を稼いで生活がしたい、という気持ちがある。当たり前だ。当たり前過ぎる当たり前であり、当面の切実な願いだ。

ここからが今日の話の本題。


音楽の世界にいると忘れがちなことであるが、この世の中には生活の中に音楽なんて一切必要ないという人はたくさん存在するのだ。

これは「音楽」の部分を他のものに置き換えても良い。
本など一切読まなくても全く問題ない人。
酒を飲まなくても人生は十分にハッピーな人。
甘いものを食べなくても人生を損しているとは感じない人。
そんな人たちは世界にはたくさんいるだろう。

酒や甘いものに関しては「酒を飲めないなんて人生の何割かを損しているようだ」という酒飲みサイドからの上から目線な意見が飛ぶことがあるが、飲まない人からすれば「全然損してないから心配ご無用」ということであり、その際に酒飲みは「そうか、おれにとっての大切な酒は他の人にとっては全然大切でないということもありえるのだ」ということを知らねばならない。

音楽ももちろんそうだ。

音楽に関わる人々の多くはもちろん音楽が好きだからそこにいる。それが自分たちにとって必要と感じているからだ。

しかし、そうでない人も大量にいるのだ。

音楽の世界にいると「音楽というのは生活に潤いをもたらす上で絶対に必要なものである」という考えに囚われすぎる。

また、ここにおいて最悪なのは「音楽は文化的で高尚なものなのだから、それを理解しない必要としない人間は劣っている」という視点だ。
こうやって書くと「そこまで傲慢で偉そうなやつなんていないだろ」と思うかも知れないが、実は結構いる。具体的な言葉を挙げるのは避けるが、そういう人間の多くは、とてもポジティブな言葉でそれを語る。しかしその背後にある非理解者への差別意識が垣間見えた時に私は強烈な嫌悪を覚える。
「いやいやいや、音楽を必要としない人にだって価値があるよ、何言ってるんだ」と。


少々音楽界隈の人間について批判的になりすぎたが、私はどこまでいっても「音楽界隈の人間」である。
例えば音楽を必要としない人々に「ライブハウスなんてものは現状で危険なだけなのだからずっと休業のままで良いし、何ならそのまま潰れてしまっても構わない」と言われれば、ちょっと待ってよ、となる。
それを必要としない人がいるのはわかるが、それを必要としている人も同様に存在する。必要とする人からすれば、それは何とかして存続させたい場所なのだ。
先ほども言ったように、私は音楽系のお店には何とか存続してほしいと願っているし、また再び音楽で金を稼ぎ生活をするような日常に戻りたいと心底から願っている。


ではパチンコ屋や雀荘などはどうだろうか。
私も若い頃にはそういう所に随分と通ったが、今は端的に言えば「なくなっても構わない存在」だ。別にこの世からパチンコ屋や雀荘がなくなった所で、一抹の寂しさこそあるものの実質的に生活が困るわけではない。
しかし、だからと言って「パチンコ屋や雀荘など無くても構わないのだからこのまま休業を続けて何なら潰れてしまえ」というのはおかしくはないだろうか、と思うのだ。
そこが必要という人間もいるし、音楽界隈からの目線から「音楽は高尚でギャンブルは下劣、だから潰れるべきはギャンブル場であるべきだ」という意見を聞くと、首を傾げざるを得ない。
そのような視点にこそ音楽業界も逼迫させられているのだ。


何とかして私たち音楽家の「場所」を守りたいと考えた時に、一番必要になってくるのは「私にとって不必要な場所も存続してもらう」ということなのかも知れない。
私にとって必要な場所だけが価値があり、私にとって不必要な場所には価値がないという視点は、例えば似非愛国者が口にする自国の安全の為なら他国の安全は犠牲になっても構わないという欺瞞にも似ている。


音楽を必要としない人々が必要とする「別の場所」がある。
それを私たち音楽家が「そんな場所は必要ないよ」と言ってしまうのは、まさに私たちが「音楽なんて必要ないよ」と言われてしまう残酷さとイコールだ。


本当の意味での相互理解というのは不可能なのだと思うが、相互尊重は可能である。
決して理解し得ない「他者」を想像し、尊重する事こそ、今窮地にいる私たちに求められていることなのではないだろうか。

| | コメント (0)

2020年5月 8日 (金)

元気にやっています

こんな状況下ですけど、元気にやっています。

起きてからしばらくは、おふとんの誘惑との戦いです。二度寝を誘う強敵「おふとん」。そこから抜け出せるのか、抜け出せないのか。郵政民営化に賛成なのか、反対なのか。小泉純一郎ネタは言いたかっただけです。意味はありません。

おふとんとの戦いの勝率は大体5割ぐらいです。負ける時もあります。勝ったり負けたり。こんなもんですよ。

おふとんから抜け出したら練習に行って、練習が終わったら演奏動画を撮ってYouTubeにアップするという日々です。

マジで、ひたすらこれだけの毎日です。

釣りに行けない以外は何もつらいことはありません。あ、でもやっぱりライブはしたいかなあ。うん、ライブはしたい。

てなわけで、YouTubeのチャンネル、貼っておきますからね。

良かったら見て下さい。

ジャズ中心ですが、たまにジャズ以外も弾いてます。中島みゆきとか。

福島剛YouTubeチャンネルarget="_blank">

| | コメント (0)

2020年4月22日 (水)

ブルースに嘘は通らんよ、ホンマ~市川修1994年インタビューより~

Photo_20200422141701


昨夜、いまだに付き合いのある兄弟子(あにでし)から一枚の写真が送られてきた。
雑誌「Jazz Life」の1994年8月号、私たちの師である市川修さんのインタビュー記事だった。
そこに書かれている言葉の一つ一つは、見事に私の心に刺さった。

今のような本当にしんどい状況の中で、どんな言葉よりも私を勇気づけた。

昔は彼の言っていることがちんぷんかんぷんだったし、何だったら曲解していたりもしたのだけれど、彼の言っていたことが今更に少しずつわかり始めてきた。

彼が亡くなってもう14年以上が過ぎているけれど、彼と共に過ごした数年間はいまだに私の宝物である。

テキスト起こしをして紹介したい。

しかし、生意気なこと言ってるよなあ(笑)

『市川修』

ブルースに嘘は通らんよ、ホンマ
~京都のミュージシャンは口を揃えて言う。「市川さんは、若手を育てるという意味ではホンマ凄い人や」。捉えどころのない妙なおっちゃんだが、京都にはこの人がどうしても必要なのだ。~


【1】
ビールでも飲んで話した方がええかもしれへんけどな。いやー、大変ですよ、みんな。状況は昔からキビシイよ。

全体にものすごくうまくなったと思いますよ、日本人は。ただね、僕らが何にもないところに火をつけて、その火を絶やさんようになんとかやってきたんやけど、なんかね、時々ヤバイぞーと思うこともある。だいたいね、文化として日本にないんだから、ジャズは。だけど僕はそれを知るために教会にもずっと行ってたし、ブルースの黒人のおじさん達と演った。だから「一体何なんか?」という一番大切なところを踏み違えてる人を見ると、困るなこれは、と思うわけよ。


【2】
僕はレコードはムチャクチャ聴きましたね。学校に行かないで、だいたい1日に8時間ぐらいジャズ喫茶にいるとするでしょ。そしたら、まぁ20~30枚は聴けるよね。1年に200日ぐらい行ったとすると……、何枚になるかな……。

1960年代の終わり頃、ヒッピーがいっぱいいてね、僕は学生で、髪の毛伸ばしてヒッピーのロックをやってた。だけど、ジャズもやってたんよ。キャバレーで演奏するバイトなんかやってたけど、これじゃいかんなと、大阪の学校に習いに行った。でもそれもいかんなと、東京へ行ってみた。日野皓正(tp)さんの運転手をしながら、新宿ピットイン、歌舞伎町のタロー、阿佐ヶ谷のアズ・スーン・アズなんかで演奏してた。でも身体を壊して、もう辞めるつもりで京都に帰ってきた。で、サラリーマンしてて、ふとしたことからまたジャズを始めた。
その頃のお客さんは黒人崇拝なわけ。ブルースにしてもじゃずにしても、日本人にはできない。みんな言い切っとった。オマエみたいな日本人の演奏に、なんで金を払わないかんのか。いつも大変やった。僕も悩んだよ。やっぱり日本人には無理なんかなぁ、と。特にブルースはね。アメリカに行った時も、年寄りのオジサン達に「No」ってたくさん言われたし。ジャズっていうのは勉強しなきゃいけないし、複雑な構成を持っているし、楽譜に頼ってる。でも譜面を読めない、音しか分からないブルースマンの演奏は、直感が大事や。譜面読めない人、多いよ。だけど、凄い演奏をする。お互いの音をちゃんと聴いてるから。それで、僕も段々分かっていった。

……何を話してるか分からんようになってきたね。


【3】
これからジャズをやろう、という若い人が、例えば僕のところに習いに来るでしょ?“市川ジャズ教習所“やからね、ホンマ。だけど厳しいわけよ、ムチャクチャ。それを1年、2年とやる。するとだいたい基本はわかる。でももう僕の顔見るのもイヤになると思うわ。それでいいねん。で、みんなやりたいことをやっていく。10年、15年経って僕と会って一緒に演る。すると、ちゃんとできるんよ。誰かが基本をちゃんと教えんとね。

よく「あいつはタイムが速い」とか「タイムが短い」とか言うよね。普通は「おい、お前ちょっと速いよ」とか言うけど、僕はちょっと違う考え方してる。その人のリズムが出てたら、やりようはあると思うんよ。全部のリズムが突っ込んだり、ムチャクチャで分からなくなるのはダメよ。例えば、速く速くいく人がいたとする。僕は「わかった。そんなに走るならもっと走れ。とことん走れ!」と言う。それで絶対楽しめるから。


【4】
日本人は何でも器用にやれるもんやから、あるところまではやるんやけど、ほとんどの人は、ほんとにスウィングするところまでいかないで演奏してる気がする。日本人で、僕の考えるところの4ビートがちゃんとできてる人はほとんどいないんやないかな。4ビートは難しいよ。5年や10年じゃできない。僕?僕は楽器を始めるのは遅かったけど、今ようやく向こう(アメリカ)の人と問題なく渡り合えるようになったと思う。

若い奴は”セサモ”の木曜のジャム・セッションに来なさい。ほんとにジャズが好きな人は、僕の所に来なさい。

(「Jazz Life」1994年8月号より)

| | コメント (0)

2020年4月11日 (土)

ホームページ開設した

暇すぎたのでホームページ開設してみました。
今どきはそんなに難しくなくて、私ごときでも作れるものですね。
良かったら見ていってください。

https://fukushimatakeshi.amebaownd.com/

| | コメント (0)

2020年4月10日 (金)

宿題第二弾

フクシマからの宿題第二弾。今回は管楽器編。もちろんピアニストもやるように。


https://note.com/fukushimatakeshi/n/nb26a9cf68a6f

| | コメント (0)

2020年4月 9日 (木)

アドリブソロ練習用動画

数日前に「外に出るな!家にこもれ!ジャズピアノをやろう!」ということで4曲の譜面を無料配布するお知らせをしましたが、今日はそれの練習用動画を作ってみました。要するにカラオケです。

4曲それぞれ2パターンあります。
・ベースのみのもの
・ベース&ピアノ左手コードのみのもの

もう両手で弾ける、という方は「ベースのみのもの」をご利用ください。
こんな感じです。

まだ右手一本でゆっくり弾きたいという方や、ボーカル、管楽器などの方は「ベース&ピアノ左手コードのみのもの」をご利用ください。
こんな感じです。


全ての動画はこちらのチャンネルにあります。
福島剛YouTubeチャンネルarget="_blank">


もし良かったらチャンネル登録してみてください。
色々と動画を上げようと思っています。暇なので。

アドリブソロの譜面のご用命は前回の記事をごらんください。


外に出るな!家にこもれ!ジャズピアノをやろう!

| | コメント (0)

2020年4月 7日 (火)

家にこもってジャズピアノやろう~レジェンドピアニストたちのアドリブ~

タイトルの通り、レジェンドジャズピアニストたちのアドリブソロコピー譜面を無料送付しております。
ご希望の方は是非お申し付けください。

コチラ
をクリック!

| | コメント (0)

本日4月7日神奈川白楽「Bluesette」ライブ中止

本日4月7日(火)、神奈川白楽「Bluesette」にて予定しておりましたvino(vocal)登敬三(sax)福島剛(piano)でのライブは中止となりました。
現在6月2日(火)に振替公演を予定しておりますが、こちらに関しましても近くなりましたら開催かどうかの告知を致します。
大変申し訳ございませんがご了承くださいませ。

| | コメント (0)

2020年4月 3日 (金)

4月6日(月)登敬三(sax)×福島剛(piano)Duo at小岩「Back in time」、中止!

大変申し訳ございません。
4月6日(月)に小岩「Back in time」予定しておりましたサックス登敬三さんとのデュオライブですが、中止させて頂きます。
やりたかった!
でもやらない!
すみません!

| | コメント (0)

2020年3月30日 (月)

愚痴

コロナウイルス 騒動。

日々、鉋で精神を削られて行くような実感がある。

仕事がどんどん無くなっていく。外に出られない。

前を向こうにもなかなか前を向けない。

練習のやる気も一向に出てこない。家の布団に寝転がってスマホのパズルゲームを死んだような目でやり続けて、気が付けば外はもう暗くなっている。

安い缶チューハイを開けて無感動にそれを喉に流し込む。

そんな日々が、心を蝕んでいく。

何よりも一番恐ろしいのは、自分が卑しい人間になりやしないかという恐怖だ。

例えばスーパーで買い占めをしている人たちに対して。
もちろんそういうことはしたくはないのだが、そういうことをしてしまう心情は想像したい。
家族の為に恥も外聞も捨てて買い占めをしているのかもしれない。
スーパーで買い占めなんてそんなことはしたくはないが、それ以上にそういうことを「みっともないことしやがって」と批判するような人間になりたくない。
人間が一番醜くなるのは「正義」に酔っている時だ。
一番残虐になるのもそういう時だ。
他人のことを想像するという、全ての基本が疎かになる。

何が正しくて何が正しくないのか、今の時点ではさっぱりわからない。
みんなそれぞれ必死で生きている。

少しでも優しい人でありたい。おれはおれが好きなおれでありたい。
そう思っていても、日々のしんどさから少しずつ卑しくなっていくのだろうか。

「自分(たち)さえ良ければそれで良い」という一番嫌いな考え方に、少しずつ心が染まっていくのが怖い。
何とか踏ん張って、おれはまだおれを少しは好きでいたい。


子供の頃に読んだ影絵の絵本、藤城清治が影絵を書いた宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」の背表紙の裏のページに、賢治の「農民芸術概論綱要」の言葉が書いてあったのを思い出した。

世界がぜんたい幸福にならないうちは
個人の幸福はあり得ない

| | コメント (0)

«小岩「Back in time」10周年ウイーク突入