演奏スケジュール(2024年5月1日更新)

2024年

【高槻ジャズストリート】

https://www.0726.info/

5月4日(土)
13:00~
クロスパル高槻8階イベントホール
《高原かな with 福島剛トリオ》
vocal:高原かな piano:福島剛 bass:鶴賀信高 drums:市川綾野


16:00~
JKカフェ
《西池のりこ with 福島剛トリオ》
vocal:西池のりこ piano:福島剛 bass:鶴賀信高 drums:市川綾野


21:00~
Bar Amitie
《高原かな 福島剛 Duo》
vocal:高原かな piano:福島剛

※全て投げ銭

5月6日(月)東京小岩 Back in time
03-3659-0351
http://www.bqrecords.net/backintime.htm
「福ジャム vol.4 (Jam Session)」
piano & bass:福島剛
14:30~start  music charge: 2000円


5月15 日(水)東京小岩 Back in time
03-3659-0351
http://www.bqrecords.net/backintime.htm
「歌声酒場 (Jam Session)」
piano:福島剛 bass:上條貴史
19:30~start  music charge: 2000円

5月22日(水) 東京立川 Jesse James
042-525-7188
http://jessejames-tachikawa.music.coocan.jp/
vocal:高原かな piano:福島剛
19:00~start music charge:2600円


5月26日(日)江戸川区スポーツセンター大体育館
https://www.edogawa-spocen.com/
第77回江戸川区総合体育祭春季柔道大会
弐段の部
※柔道の試合です

5月29日(水) 京都西院 さうりる
050-3749-3566
http://sahouril.com/
vocal:西池のり子 bass:矢野克宏 piano:福島剛
19:30~start music charge:2000円

5月30日(木) 京都三条 Sesamo
075-251-0858
https://sesamo-kyoto.webnode.jp/
「Sesamo open jam session」
vocal:市川芳枝 bass:矢野克宏 drums:大江秀明 piano:福島剛
20:00~start music charge:2000円

6月1日(土) 京都京大農学部脇 麦丸
080-5786-0582
https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260302/26028035/
「ソロピアノ」
piano:福島剛
18:00~start music charge:チップ制
20240601_page0001_20240506131101


6月14日(金) 東京立川 Jesse James
042-525-7188
http://jessejames-tachikawa.music.coocan.jp/
vocal:高原かな piano:福島剛
19:00~start music charge:2600円


6月19 日(水)東京小岩 Back in time
03-3659-0351
http://www.bqrecords.net/backintime.htm
「歌声酒場 (Jam Session)」
piano:福島剛 bass:木田浩卓
19:30~start  music charge: 2000円

6月28日(金)東京小岩 Back in time
03-3659-0351
http://www.bqrecords.net/backintime.htm
sax:日野林晋 piano:福島剛
20:00~start  music charge: 3000円
20240601hinorin_page0001_20240506131101

7月15日(月祝)東京小岩 Back in time
03-3659-0351
http://www.bqrecords.net/backintime.htm
vocal:高原かな piano:福島剛
14:30~start  music charge: 3000円
20240715kanabit_page0001_20240506131201

7月17 日(水)東京小岩 Back in time
03-3659-0351
http://www.bqrecords.net/backintime.htm
「歌声酒場 (Jam Session)」
piano:福島剛 bass:野々口毅
19:30~start  music charge: 2000円


8月3日(土) 京都伏見 レミューズカフェ
075-622-0014
http://lesmuseskafe.com/
【福島剛トリオ】
piano:福島剛 bass:鶴賀信高 drums:市川綾野 
14:00~start music charge:2500円
20240803tftrio_page0001_20240506131201

8月11日(日)東京小岩 Back in time
03-3659-0351
http://www.bqrecords.net/backintime.htm
sax:登敬三 piano:福島剛
19:00~start  music charge: 3000円
20240811nobori_page0001_20240506131301


9月13日(金)東京浅草 Soultrane
03-3843-5063
https://soultrane.jp/
piano:福島剛 bass:内藤竜也 drums:田辺保彦
20:00~start music charge:3000円
20240931soultrane_page0001_20240506131401

| | コメント (0)

2024年5月26日 (日)

試合行ってきます

朝からちょっと早めのブログ更新。今日は多分このあとは書いてるタイミングはないから。

今日はこれから柔道の試合に行ってくる。

半年前の前回は20年以上ぶりのトーナメント戦だったが、1回戦負けだった。そこから約半年。

自分なりに努力は積み重ねてきたし、あとはもうなるようになるだけと頭では理解しているものの、結局昨晩は一睡も出来なかった。

良い歳こいてイヤだなあと思いながらも、不安やら興奮やらで眠れないことを自覚したので、じゃあせめて布団の上で目を閉じてじっとしておこうと自分に言い聞かせておいたらいつの間にか朝が来た。

今日はどうなるかな。

頑張ってきます!


今日の演奏動画。

John Patitucciの作曲した『Change Of Season』をソロピアノで弾いてみました。リードシート(譜面)も添えてあります。

| | コメント (0)

2024年5月25日 (土)

謎の腫れ

朝起きたら右目がぼこっと腫れていた。

なんとなく昨日ぐらいから違和感はあったのだけれど。

ものもらいか何かなんだろうかとは思うけれどわからない。幸い家に抗菌用の目薬があったのでそれをちょこちょこ差しながらの日常。

午前中のレッスンで小学生の生徒に「先生目が腫れてるね」と言われて「そうなんだよ、昨日暴漢に殴られてねえ」などと言いかけてから心の中で「しょーもない嘘はやめなさい」と思って「嘘だよ、なんかよくわかんないけど朝起きたら腫れてたんだよ」と訂正した。やめなさい。

今日は丸一日レッスンの日。終わったらダッシュで道場に移動して試合前の最後の稽古。今日は絶対軽めにやる。

今日も暑いね。


今日の演奏動画。

Lee Ritenourの作曲した『Is It You ?』をソロピアノで弾いてみました。リードシート(譜面)も添えてあります。

| | コメント (0)

2024年5月24日 (金)

大切なレコードを聴きながら二日間の無職デーを振り返る

今日のレコード。

1000001969

Abdullah Ibrahim (Dollar Brand)御大の【Solotude】。二年前の作品。何百枚と持っているレコードの中でも特に大切な一枚。疲れた日にはこういう大切な作品を聴いて心を落ち着けるのだ。

昨日今日と何も仕事がない無職デーだった。明日から約二週間以上はずっと目まぐるしい忙しさなので、昨日と今日の内にその忙しい期間の為の準備をしておこうと思っていたのだけれど、思ってたのの半分ぐらいしか出来なかった。ま、仕方ない。

暇そうに見える私のこの音楽家稼業であるが、実際暇なのだが、自分で勝手に忙しくしている。仕事のある日は仕事をするし、無い日は仕事の準備をする。ということで休みというものは基本的にはない。私の中では朝から魚釣りに行く日が唯一の休みであるので、今年は一回だけ魚釣りに行っているから今年は一日だけ休みがあったということになる。別にそれがイヤなわけではない。自ら好き好んでそういう生活をしているのだから特に不満はない。

明日からしばらくずっと続く忙しい日々が一段落したらやっぱり魚釣りに行きたいなあと思っている。

一番行きたいのはマゴチ釣りなのだけれど、タチウオも有りかなあと思っている。釣り仲間の誰かが車で連れて行ってくれるならイサキに行っても良いかも。

釣りに行けるかどうかはわからないけれど、明日からの怒涛の日々を一日一日しっかり過ごせますように。

明日はまずは朝イチのレッスンからだ。

頑張っていきましょう!

今日の演奏動画。

Dizzy Gillespieの作曲した『Down Under』をソロピアノで弾いてみました。リードシート(譜面)も添えてあります。

| | コメント (0)

2024年5月23日 (木)

ささやかな幸せとささやかじゃない幸せ

たとえば昨日の本番前に食べた日高屋のラーメンのチャーシューがいつも以上に大きかったりだとか、

1000001963

毎日のトレーニング後に飲むプロテインが近所のまいばすけっとで運よく3割引きで買えたりだとか、

1000001965

こういうささやかな幸せを拾い集めながら機嫌よく生きていることには自分でも満足している。

けれど、そういうことではない、「はっきりとした確固たる幸せ」ということもあって、それは決してちょっとしたラッキーではやってこないことを知っているから、そういうささやかじゃない幸せをつかむためにも毎日少しずつ積み重ねている。

じゃあ私にとってそういう幸せとは一体何かと言えば、一にも二にもそれは「良い演奏をすること」である。

それは決して簡単なことではない。うまくいかないことの方が多くて、そのたびに激しく落ち込むし、死にたくなる。けれど「今日はまあまあ良かった」という時はとても嬉しいし、ものすごく幸せになる。

昨日の立川Jesse Jamesでの演奏はそういう「はっきりとした幸せ」を感じるに値する演奏だった。共演者の高原かなさんとお客さんとお店のおかげによるところがめちゃくちゃ大きいので、本当に感謝。

それともう一つ、今の私には「はっきりとした確固たる幸せ」が見えている。柔道の試合に勝つことだ。

これも相当に難易度が高い。

試合は今週の日曜日。勝てたらものすごく嬉しいし、負けたらものすごく悔しいと思う。

勝ちたい。今はただ、勝ちたい。


今日の演奏動画。

Pat Methenyの作曲した『Farmer's Trust』をソロピアノで弾いてみました。リードシート(譜面)も添えてあります。

| | コメント (0)

2024年5月22日 (水)

立川に向かう電車の中から

1000001957

今日はライブ。

一ヶ月に一回やらせてもらっている立川Jessie Jamesでの高原かな(vo)さんとのデュオライブ。

毎回緊張もするけれど、いつも大体終わった後には「いやー楽しかったなー」となりつつ色々とそれを振り返りながらこのブログに書きたいこともたくさん出てくるのだけれど、帰り道の電車は大体酔っ払っているので帰り道にブログを書かない方が良いことを知っているので行きの電車に乗っている今、こうやって書いている。

一回は頑張ってあれこれ書いたのに酔っ払った私の指がスマホに対して誤作動をカマしてしまって全消えさせたこともあるから。

私は酔っ払っている時の私を信用していない。

きっと世界中の誰よりも私が信用していない。

明日と明後日は無職の日なのだが、今週末に控えた柔道に試合の為のコンディショニングをしなくてはならないのと、来週の関西ツアーに行くための準備をしないといけないので何やかんやと忙しい。

今日も良い演奏が出来ますように。

行ってきます。


今日の演奏動画。

Django Reinhardtの作曲した『Swing 41』をソロピアノで弾いてみました。リードシート(譜面)も添えてあります。

| | コメント (0)

2024年5月21日 (火)

飽き足らず思い馳せる地球儀を回すように

昨年観た映画の中で印象に残ったものの一つに宮﨑駿監督の映画で『君たちはどう生きるか』があった。

賛否両論あったようだが、私はとても面白かった。

宮﨑駿監督の脳内イメージをそのまま映像化したようなところも多くて、そこに関しては英文学作家のヴァージニア・ウルフやジェイムス・ジョイスが好んで使った「意識の流れ」という手法みたいで面白いなあと思った。

全体としては難解なイメージや箇所も多かったが、そもそも単純なエンターテイメントだけを望んでいるわけではないので全然OKだった。私ははっきりとこの映画を楽しめたクチだ。

映画のエンディングテーマを歌っていたのが米津玄師というアーティストだった。

もちろん名前は聞いたことがあったが、あまり彼の歌を聴いたことがなかったのだが、映画館でじっくりと『地球儀』という彼の歌を聴いたらものすごく染みてきた。「良い…」と私は呟いていた。

それからしばらくして今期の朝ドラ『虎に翼』が始まって、このドラマにヤバいくらいドハマりしているのは以前にもこのブログに書いたような気がするが、この『虎に翼』の主題歌を歌っているのも米津玄師さんだった。「さよーならまたいつか!」というタイトルのこの主題歌もめちゃくちゃ良い。ものすごく好きである。

もはやハッキリとした一つの事実であるが、私は米津玄師さんが好きである。かなり好きだ。

ということでその好きになった二つの曲の内の一つ、『地球儀』を自分でも弾いてみたいというのは仕方がない話である。

弾いてみた。

譜面を書く時から「うーわー、良いなー、切ないようー」とかなんとか独り言を言いながら譜面を書いていた。とても良い曲である。

歌詞もとても良いので歌が頭の中をぐるぐる回る。

ということで以下、「今日の演奏動画」のコーナー。聴くべし。


今日の演奏動画。

米津玄師さんの作曲した『地球儀 ~映画【君たちはどう生きるか】より~』をソロピアノで弾いてみました。リードシート(譜面)も添えてあります。

| | コメント (0)

2024年5月20日 (月)

オンラインレッスンの準備したり

ちょっとした体調不良で午前中を丸々寝て過ごしてしまう。大したことはないのだけれど、腹を下していて布団とトイレの往復を何度も繰り返していただけだ。昨日飲み過ぎたかな。

トレーニングも今日はサボり。体調不良もそうなんだけど、全身の筋肉痛がすごかったから。ほらまたやってきた「二日後の筋肉痛」だ。絶対一昨日の柔道の稽古が理由の筋肉痛だもん。イヤだなジジイは。

幸いにして今日は午前中は何の仕事もなかったので良かった。昼過ぎにはほぼ復活する。筋肉痛は直らないけど。

昼からは仕事のメールをバシバシ送ってから、来月のオンラインレッスンの準備。

今は一件だけオンラインレッスンをやっている。かつて教室に通っていた人が今は仕事の都合で海外に住んでいるので、そこをオンラインで繋いでのレッスンだ。

課題曲を決めて、その曲のベース演奏音源を私が作ってデータとして送って、そのベース音源に合わせて生徒がピアノを弾いたものをレコーディングして送ってもらってから、その演奏について色々と検討していくというタイプのオンラインレッスン。オンラインレッスンに関してはやり方を色々と考えてみたのだけれど、この生徒さんについては今のところこれが良いかなーという感じ。

まずはベースをぼんぼんと弾いてそれをレコーディング。それから自分でもそのベース音源を使って「一人合奏」をして参考動画を作って、という流れ。久しぶりに弾いた曲だけど結構楽しかった。

さて、これからは一つだけレッスンをして今日の仕事は終わり。

レッスンまで30分だけ自分の練習しよっと。


今日の演奏動画。

Allie Wrubelの作曲した『The Masquerade Is Over』をソロピアノで弾いてみました。リードシート(譜面)も添えてあります。

| | コメント (0)

2024年5月19日 (日)

柔道も音楽も精力善用自他共栄

昨日は柔道。

来週の稽古は試合前日になるのであんまりハードには出来ないのがわかっていたので、試合前にハードに稽古出来るのは最後かなと思ってきっちり追い込んできた。

道場の仲間たちは実に屈強で、本当に良い稽古をさせてもらっている。

互いに経緯を払い合いながら高め合える幸福を噛みしめるたびに、嘉納治五郎先生のおっしゃった「精力善用・自他共栄」という理念の意味が少しずつだけれどわかってくる。

柔道という「道」の持つ精神性はとても奥深い。

それは当然のように私の本業である音楽にも関わってくる。

毎日鍛錬を積んで芸を磨き上げることの目的は、自分の自尊心や虚栄心を満たすためではない。

共演者や聴いてくださる方々と共に幸せになるための手段が毎日の鍛錬なのだ。

今週のライブもそんなことを思わせてくれるライブ。

5月22日(水) 東京立川 Jesse James
042-525-7188
http://jessejames-tachikawa.music.coocan.jp/
vocal:高原かな piano:福島剛
19:00~start music charge:2600円


初めて一緒にやらせてもらった時に「こんなにフィーリングの合う素晴らしいボーカリストいるんだな、また一緒にやらせてもらえたら良いな」と思ったのをつい最近のことのように覚えているのだが、もう二年近く前のことで、そこから定期的に共演させてもらえる幸運に恵まれて一緒に切磋琢磨しながら「我々の音楽」みたいなものを磨き上げて来ている。


是非聴きにいらしてください。


441044852_18431276158062095_494858913830

今日の演奏動画。

Jimmy Van Heusenの作曲した『Nancy ~With The Laughing Face~』をソロピアノで弾いてみました。リードシート(譜面)も添えてあります。

| | コメント (0)

2024年5月18日 (土)

投手吼える

池袋でのレッスンを終えてから、ぼちぼち髪の毛も伸びてきたので行きつけのカリスマ美容室に寄った。

いつも「スポーツ刈りを6mmでお願いします」としか言わないのだが、毎回出来栄えが異なるこのカリスマ美容室。今日のカリスマ美容師は「スポーツ刈りで」と私がお願いした時に「はい、スポーツマンカットで」と言い換えられたのが妙に気になったが、出来栄えは悪くないので要らぬ心配だったということなのだろう。

帰りの電車では久しぶりにスマホのプロ野球速報アプリを手に汗握りながら見入ってしまった。

我らがカープは現在首位のジャイアンツとの熱戦の真っ只中。私が見た時には4-2でカープがリードしながら最終回9回に突入したところであった。

マウンドに上がるのは絶対守護神の栗林良吏投手。これはもらったか?と思いながら行方を見守っていたが、そこから相手のヒットや味方のエラーなどもあり4-3の1点差まで詰め寄られてしまった。

アウトカウント2まできてなおランナーは満塁になり、そしてフルカウント。

栗林投手のプレッシャーたるやいかほどかと思った。そんな場面で投げるなんて想像しただけで吐きそうだ。

四球すら許されない極限までヒリついた状況で、最終的には栗林投手の投げたストレートを相手の萩尾選手が空振りして三振、ゲームセットとなった。

その瞬間のプロ野球速報アプリの画面はこうだった(自分ではスクショを撮れなかったのでネットで拾ってきた)。

1000001954

「投手吼える」

そりゃ吼えるよ。とんでもないプレッシャーだもん。

どうやら、カープの快進撃がぼちぼち始まり出したみたいだ!

今日の演奏動画。

Gerruy Mulliganの作曲した『Song For Strayhorn』をソロピアノで弾いてみました。リードシート(譜面)も添えてあります。

| | コメント (0)

2024年5月17日 (金)

弾けない曲なんてない

昨日今日と無職の日。午前中はみっちりトレーニングに充てて、そこからピアノの練習へといういつもの日常。

基礎練習をやってから毎日やっているYouTubeの演奏動画を撮り貯めておくというのもいつものパターンなのだが、一時期随分と減ってしまっていたYouTubeの演奏動画の貯金もかなり潤沢なところまで戻してきたので、19時ちょっと前である今からは「いつかやんなきゃ」ということで放置していた難曲の練習に取り掛かる。

譜面はもうすでに書いてあるのだけれど、いかんせん難しすぎて弾けない曲が二曲ほどあったので、今からその二曲を一時間ずつ練習する。

これがなかなか苦痛なのである。なぜならば弾けないから。

けれど一つはっきりわかっていることがあって、それは「ずっと練習してればいつかは弾ける」ということ。練習は、ものすごくゆっくりなテンポにメトロノームを設定して、一通り間違わずに弾けるという風になったらメトロノームをちょびっとずつ上げていくというだけの地味なもの。でもこれでいつかは確実に弾ける。

ただし、それが「いつか」はわからない。わからないけれどいつか必ず弾けるのである。

自惚れるわけでは決してないけれど、私は自分で「おれに弾けない曲はない」と思っている。練習さえすれば、であるが。

クラシックなんかだと物理的に手が届かない曲なんかもあるかも知れないが、ジャズの場合は届かなかったら届く範囲で弾けば良いし、そういった意味での「物理的に弾くのが不可能な曲」というのはない。

ただしめちゃんこ難しい曲はたくさんあるけれど。

さー、やるかー。ゆっくり一歩ずつ確実にいきましょう。


今日の演奏動画。

Oliver Nelsonの作曲した『Emancipation Blues』をソロピアノで弾いてみました。リードシート(譜面)も添えてあります。

| | コメント (0)

«おれとスタバ